京阪 疎水お花見ウオーク

4月11日 少しばかり時期遅れのお花見ウオークと思っていたものの、ここ山科疎水はまだ散り始めで大いに楽しめました。
コースは京阪大谷駅~逢坂山関所跡公園~東海自然歩道~長等公園~小関越~喜一堂~寂光寺~疎水自然歩道~一燈園~疎水公園~本圀寺~永興寺~毘沙門堂~京阪四宮駅の約14kmです。大谷駅を10時スタートでしたが、到着が遅れてしまい10時20分にコース地図をもらい追っかける羽目になってしまいました。
大谷駅を出て100mも歩くとR1沿いに逢坂山関所跡の記念碑がありました。昔は都と東国・北国を結ぶ主要道路が集中する交通の要所でもありました。
                                  
 そこから東海自然歩道に入ります。すぐ急な坂になって15分ほど登ると大津市街地と琵琶湖が真下に見えます。
  
そして長等公園に着きました。桜と新緑がとても綺麗な公園です。少し歩くと「小関越え」の標識があります。大津から藤尾へ抜ける道です。東海道の逢坂越えを‘大関’と呼ぶのに対して東海道の間道としての役目を果たしてきた道です。
         
小関越えの峠には‘峠の地蔵さん’として親しまれている喜一堂がありました。
  
 下りると藤尾集落です。集落を通り抜けると琵琶湖疏水に入ります。
疎水自然歩道は両岸にソメイヨシノやヤマザクラが植えられ全長約4KMの見事な桜のトンネルとなっています。琵琶湖疏水の一部で桜は日露戦争の戦勝記念で植えられたそうです。
                      
          
   
 11:50 一燈園(信仰団体)近くの桜の下で30分の昼食です。
 
再び疎水の沿道を歩きます。
  
本圀寺 加藤清正の祈願所でもあります。驚いたのは鐘楼をはじめ何でも金ピカなのです。
  
永興寺 ここでUターンです。
  
最後は毘沙門堂に立ち寄りました。 七福神の一つでもあります。樹齢100年余の白いシダレ桜がとても綺麗でした。
  
                  
毘沙門堂から四宮駅へ向かう途中見かけた瑞光院の紅シダレです。とても目をひきます。
       
そして京阪四宮駅に約5時間かけてゴールです。桜と新緑が目に沁みた一日でした。
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 健康登山・ハイキング パーマリンク

京阪 疎水お花見ウオーク への2件のフィードバック

  1. マリリン より:

    家に居ながらにして、いろんな所のお花見をさせていただきまして、ありがとうございました。やっぱり、疎水辺りの桜が、一番好きです。今回も待ち受けに、いただきました。季節折々の綺麗な風景を毎日、眺めています。

  2. 元気 より:

    疎水歩道は桜があれば一番ですが、無くても十二分に楽しめるコースです。近いから機会があれば一緒に歩きましょう!寺社も有名でなくともピリッと山椒のように効く内容でした。世間にはまだ知らないところが山ほどありますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください