近鉄てくてくハイキング 榛原~鳥見山公園~初瀬ダム~長谷寺

宿場町の面影を残す榛原を10時半スタート。R165を横切るとゆるやかな登り道へと変り、除々に高度を上げると真正面に鳥見山(734m)が見える。振り返ると榛原の町や宇陀・室生・曽爾の美しい山々が見えます。途中で大和富士と呼ばれている額井岳(816m)が富士山そっくりの綺麗な雄姿を見せてくれました。
      
そして植林内を進み鳥見山の中腹にある鳥見山公園(620M)に11:50に到着です。室生赤目青山国定公園内にあってツツジが5~6000本もある名所で絶好の休憩ポイントですが肝心のツツジは一部を除いてまだ蕾の状態です。白のドウダンサラサは殆ど満開でした。
  
展望台からの眺めは最高です。金剛山・葛城山そして兎田野の町です。
  
新緑が目に沁みます。
  
今日は山登りではないので鳥見山山頂へは行かず、おにぎりを食べて12:30長谷寺に向かって東海自然道の標識に沿って進みます。ゆるやかなUP&DOWNが続き高束城跡に着きました。平安時代に築かれ戦国時代に兵火に焼かれるまで続いたとされています。初瀬ダムを見下ろす高台にあって礎石が残っていました。鳥見山から初瀬ダムまでは約2時間半要したのですが道端には沢山の花があって楽しめました。
  
   
   
初瀬ダムは満々と水をたたえていました。まほろば湖と呼ばれています。
                  
初瀬の町に着きました。丁度、牡丹の名所である長谷寺では牡丹祭りが(5月10日まで)開催されており150種約7000株が咲き誇っていました。 
日本一の牡丹園と言われる「長谷の牡丹」は今から約1000年前、唐の僖宗皇帝の后・馬頭夫人が長谷寺の十一面観世音に美人祈願をしたところ願いが叶い、そのお礼として献上した牡丹が今に植えつがれていると伝えられています。艶やかな姿とともにとても良い香りを放ちます。中国の国花でもあります。
              
  
  
  
その10Mもある巨大な十一面観音像も特別公開されており拝観出来ました。御足に触れてご縁をいただき最高の幸せでした。境内は見どころいっぱいです。
   
     
           
 
長谷寺から駅まで門前町が続き名物の草もちを売る店が並びます。最終、近鉄長谷寺駅に16時に着きました。約12KMの楽しいコースでした。
 
 
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 健康登山・ハイキング パーマリンク

近鉄てくてくハイキング 榛原~鳥見山公園~初瀬ダム~長谷寺 への2件のフィードバック

  1. マリリン より:

    可愛いお地蔵さん。そして艶やかな牡丹。早速に、待ち受けにいただきました。是非来年、案内をしてください。

  2. 元気 より:

    は~い、良いですよ!鳥見山のツツジが咲いていればもっと良かったけど、それは贅沢ですね。写真撮影が出来なかったけど長谷寺の十一面観音像も素晴らしかったですよ。特別公開に合わせて来てもらうともっと感動ものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください