若狭・松尾寺の仏舞

毎年5月8日に奉納されている松尾寺の仏舞をはじめて見学しました。大日如来・釈迦如来・阿弥陀如来の三像の面をつけ雅楽に合わせて優雅に舞うものです。松尾寺は西国霊場29番札所として有名です。
  
12時になると僧侶10数名が入って10分ほどのお経のあと仏舞が始まりました。
          
仏舞は奈良時代に唐から伝えられたそうです。それぞれの金色の仮面をつけた2人ずつ計6人が舞います。昔は寺の僧侶が舞っていたそうですが、今は松尾寺仏舞保存会の方々が舞われるそうです。派手さはなく粛々と進んでいきました。
  
  
仏舞は約15分ほどで終わりましたがとても神秘的な舞いでぐ~と引き込まれてしまいました。舞いの動きは人間ロボットのような感じです。
  
            
 当日は本堂内が人で埋まってしまうとの話しだったので10時半頃に着いて前のほうに場所をとったのですが、どんどん前に押されて近づき過ぎてしまいました。でも本堂内も本堂外もいっぱいになり早く行ったのが正解でしたが。
 
松尾寺は青葉山の中腹にあって境内の美しさは目を見張ります。また文化財の多さも凄いです。丁度、ご本尊の馬頭観世音菩薩が77年ぶりにご開帳されており(9月30日まで)一生に一度お目にかかれるかどうかの秘仏なのでGOODタイミングでした。近づいてじ~と拝顔しましたがとても怖い顔をして庶民を守って下さっています。
        
  
  
若高21HRのアドバイザーだったM先生ご夫妻とばったり。真言宗では松尾寺を訪れると必ず誰かに会うとの言い伝えがあり‘今回は君に会えた’と随分喜んでいただきました。先生はとてもお元気で今年も21HRの懇親会にご出席いただけそうです。
 松尾寺は正式には舞鶴市なので若狭・松尾寺と表現するとまずいかな?
 
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 日本の伝統行事 パーマリンク

若狭・松尾寺の仏舞 への3件のフィードバック

  1. 悠々亭 より:

    何とかサインインしました。時々コメントしますのでよろしく・・・松尾寺、懐かしいですね。東舞鶴に転校した私が、ウン十年前、遠足で行ったところです。この近くの金剛院は明通寺並(以上?)の三重の塔があって、紅葉の隠れた名所です。深緑も素晴らしいと思いますが・・

  2. 元気 より:

    悠々亭さん コメント有難うございます。松尾寺は落ち着いて、とても境内が美しいお寺で大好きなところです。聞けば開山1300年とのことで歴史を感じます。秘法‘馬頭観音菩薩像’を77年ぶりにご開帳しても拝観料ナシで庶民にとっては嬉しいことです。悠々亭さんが舞鶴へ転校して、その学校からの遠足は勿論歩きですね?かなりの距離だと思いますが、、、、。

  3. 元気 より:

    悠々亭さんが紹介の金剛院は地図を調べたら、松尾寺の近くですね。紅葉の時期に是非訪れたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください