若狭富士・青葉山縦走

 2006年10月に若高15回卒の仲間14名で楽しく登った若狭富士・青葉山。その青葉山登山が地元高浜町観光協会で企画されたのですぐ級友4名で申込み5月16日に参加しました。一行計17名でした。和田海岸から眺めた青葉山です、ここからの眺めが東西峰が重なって一番綺麗なようです。古来から聖なる山で戦前は女人禁制だったとか。
          
JR高浜駅に11:10集合しバスで登山口となる松尾寺まで移動。松尾寺では実に77年ぶりとなる「本尊御開帳」が行われており(→10月23日迄公開が延長されました)安全登山祈願をしました。約1時間の食事休憩がありましたが我々は登山前の食事は避ける為に少なめで終える積りが地元出身のSさんがおかずを沢山準備してくれ美味しくて結果満腹になってしまいました。このコースは一直線に急な坂を登るようになっておりすぐ杉林の急な坂に入ります。
美しい新緑のブナ林あり、ロープや梯子を登るスリル満天の箇所があったり変化に富んだコースです。
   
                              
 西峰の頂上(692M)へは約1時間で着きました。頂上は急な岩場になっておりロープを使いよじ登って上がりました。眺める若狭湾の展望は素晴らしい景観です。真っ青な空と海!!!西権現もありました。
そして記念撮影!!!実は級友Sさん、申し込んだ時点では定員25名が埋まってしまっていたためにご主人と別途に登りここで一緒になりました。当日は雨予想で実は急に8名ものキャンセルがあったそうです。う~ん、雨予想でキャンセルとは、、、、。
  
  
西峰から東峰を目指します。鎖場や大師窟があってこの区間が最難関です。青葉山は火山活動によって出来た山で当時の溶岩がむき出しになっていて岩場だらけです。もちろん危険な箇所にはロープやアルミ製の梯子が整備されています。
  
 東峰手前の鎖場から眺めた直下の集落です。田植えが終わって水が映え絶景です。樹で隠れているけど本当に断崖絶壁だそうです。数年前ここで転落事故死がありました。
         
東峰(693M)には東の権現がありますが頂上は展望悪しです。Sさん夫婦、松尾寺に車を置いてあり東峰からUターンです。我々はここから中山寺に向かって緩やかな整備された階段の下りです。途中の展望台で休憩です。
         
 青少年旅行村には15:50に着きました。雨予想だったものの一滴の雨にも遭わず最高の登山となりました。参加の皆さんは関西圏からが多かったのですが、感想を聞いたらこの標高でこんなに厳しい山は初めてとのことでした。距離は短いものの急登や岩場が多かったためかもです?
 
 青葉山は植物の宝庫でもありました。次から次へと森の妖精たちが姿を現して元気付けをしてくれます。
   
           
 
 2006年10月の様子は下記URLでご覧下さい。
 
 
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 若狭高校15回卒の仲間達 パーマリンク

若狭富士・青葉山縦走 への2件のフィードバック

  1. マリリン より:

    雨にも遇わず、無事に登れてよかったですね。お疲れ様でした。月曜日のチャンネル0という、ローカル番組に皆さんの楽しそうな様子が、バッチリアップで映りました。私は嬉しくて、次の時間にも見てしまいました。土曜と日曜の、ダイジェスト版でも放映すると思いますよ。棚田は、本当に綺麗ですね。それにしても、よくまあ上手く撮れていること!!

  2. 元気 より:

    雨を120%覚悟していたのですが一滴も降らなかったのが最高で美しい青葉山を堪能できました。地元のTV局でしたか!10KGもするテレビカメラを担いで中腹まで追っかけて来ました。熱心なものと感心してました。どんな様子で放映されたのか見てみたかったです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください