小浜・田烏の千枚田

若狭地区では高浜町・日引と並び見事な棚田景観を誇ります。海の近くであることや規模も日引と良く似ています。約30軒が管理されています。
         
日引は昔のままで色んな形がありますが、ここ田烏は区画整理をしたために大小はあるものの1区画はすべて長方形です。
         
いずこも高齢化がどんどん進み大変です。まだ田植えをしてない田もあって聞いたら、景観を守るために雑草地にはせず、水を引き入れて管理をするルールを村内で作っているそうです。日引地区は雑草地が見られましたが田烏は一つもありません。
   
                             
品種はすべて同一のコシヒカリ。違った品種を植えると収穫の時期に差が出て野生動物の被害を受ける期間が長くなり被害の量が結果増えるためです。植える時期も同じにしてリスク管理を行っています。これだけ周囲に高い電柵を張り巡らせているにもかかわらず猪・鹿・猿などが何処からか侵入して荒らすそうです。
田に引き込んでいる水は田烏の人々が飲んでいるのと同じで穂が潮風にもまれてとても美味しいお米が収穫できるそうです。なお、日引は日本の棚田百選に選ばれていますが田烏は区画整理で手を入れているためか百選には選ばれていません。
                   
  
夏場は賑わう集落も今はひっそりとしています。
  
懐いて一緒に遊んでいたおとなしい柴犬。野生の鴨を見つけて猛然と水を張った田の中に飛び込みました。今時、こんなチャレンジ精神の旺盛な犬は見たことないですが、結果は思うように水の中を進めず狩は失敗でした。こんな結果は分かっているのにやはり‘マヌケ’と言った方が良いかも?
  
                          
今の時期、柿の緑が一番綺麗です。
   
畦道では可愛い花が咲き乱れています。
   
真っ青な海と空、眩しい新緑、整然と区画整理された田、綺麗な花などを潮風を受けながら見て時を過すのも良いですね。
 尚、昨年7月に訪れた高浜町・日引の状況は下記URLでご覧下さい。http://jyakkou.at.webry.info/200807/article_1.html
 
 
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 故郷・若狭 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください