JRハイキング 繖山パノラマコース

JR安土駅をスタートし観音正寺を経由して琵琶湖湖東の繖山(きぬがさやま 432.54M)に登り、その後稜線から琵琶湖や近江平野が望めるパノラマコース約12KMを歩き安土駅に戻りました。繖山は山容が貴人にさしかざす衣がさに似ていることで「繖山」と名がつけられたそうです。安土駅前には安土に築城した信長の像がで~んと構えています。流石、天下統一を果たした男、貫禄十分です。約150名が3班に分かれて10時JR安土駅をスタート。田園風景を見ながら進み、25分で桑実寺集落に着きました。
  
桑実寺集落から石段を500段ほど登ると桑實寺があります。西国薬師霊場第四十六番札所で初代住職が中国留学の際、養蚕技術を持ち帰ったことからこの寺名がついたそうです。衆生の病苦を治す霊場として信仰を集めています。本堂は中世の天台様式で、境内には桑の木が数本ありタイミング良く実が熟していて美味しくいただきました。とても甘くて美味しかったですよ。広い境内で25分もの休憩時間がありました。桑實寺境内を通らないと頂上へ行けないために300円の入山料が必要です。
  
            
  
 山道を登ること30分で観音寺城跡です。近江守護職であった佐々木六角氏の居城でしたが1568年織田信長によって落城し今は石積みが残る程度です。日本で有数の規模を誇る山城であったそうです。地元のボランテイアガイドの方が詳しく面白く説明してくれました。
  
繖山頂上手前に観音正寺があり12:15に着きました。西国三十二番札所、湖国の古刹で山門をくぐると仁王像が出迎えてくれます。平成5年に本堂と二本尊が廃墟に帰し、平成16年に新しく建立されました。特にご本尊である総白檀で高さ7Mの千手観音菩薩は素晴らしかったです。ここで50分もの昼食休憩です。
  
  
 境内からは近江富士と呼ばれている美しい三上山(432m)が霞んで見えます。
  
13:05出発で繖山頂上を目指します。ここからは極端に細い道になり大人数のために大渋滞です。13:30三角点に着きました。三角点はとても狭かったですがササユリが咲き、山イチゴがあって楽しく過せました。
  
           
そして丸太階段を歩き、稜線からの見晴らしが素晴らしいパノラマコースに入ります。その原因は平成13年に山火事があって一面焼け野原になり大木が無くなった為なんです。ガイドの方は火事のお陰との説明でしたがとても複雑な心境でした。
    
            
  
近江平野が見えます。信長の時代はこれらの田園は琵琶湖であったそうですが埋め立てでどんどん湖が狭まったそうです。西の湖は琵琶湖の残りです。正面は八幡山です。
  
地獄越えと言う恐ろしいところもありました。繖山と伊庭山の按部の峠道のことで普通の細くて急な坂道ですが、信長が観音寺城を攻めて敗走する多くのものが転倒して亡くなったり怪我をしたために、その悲惨な様子から「地獄越え」と呼ばれるようになったそうです。
そして14:30能登川町の登山口に着きました。そこからは「下街道」と呼ばれる田園の中を通り、安土山の麓を歩き15:15JR安土駅に戻りました。繖山と安土山です。
        
ガイドの方の話しではJRのハイキングで毎年このコースが設定されるそうですが、見晴らしが良いために一番人気があるそうです。来年もどうぞ!とのことでした。
 
 
 
 
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 健康登山・ハイキング パーマリンク

JRハイキング 繖山パノラマコース への4件のフィードバック

  1. う~さん より:

    湖東平野に位置する繖山、頂上付近に佐々木六角氏の居城であった観音寺城跡、西国三十二番札所観音正寺、歴史散策が楽しめる山と聞いています、更に西には信長の居城であった安土山に続くコースもあるとか・・・低い山並みですが起伏に富んだ尾根筋のハイキングも良いものですね、 懐かしく2年前を思い出させて頂きました、ところで平成13年の山火事跡もだいぶ草や木々が生えて緑が多くなって来たように思われます、2年前は山道の傍にも焦げた木々が残ってました。 

  2. 悠々亭 より:

    悠々亭です。毎年、2回くらいは近江八幡辺りを仕事でウロウロするのですが、湖東平野に浮かぶ小島のような山々は眺めるだけで登ることはありません。このレポートで登ったつもりになれますからね~安土山はともかく、”きぬがさやま”はちょっと読めません。賢くなりました。

  3. 元気 より:

    う~さん 久しぶりです。う~さんは色んな山へ行ってるから良くご存知ですね。地元の方が詳しく面白く説明してくれて歴史の勉強にもなりました。特に見晴らしの良い尾根歩きは良かったです。今は流石に焦げた木々は見られませんでしたがまだ我々の背丈より木が低いのでパノラマコースと言われてるようです。

  4. 元気 より:

    悠々亭さん 近江八幡方面へも足を伸ばす機会があるのですね!繖山について私もこんな漢字を初めて知りました。今日、中名田から帰ってきたのですが昨日、谷口の深谷川沿いの畑に猿が30匹ほど集団でやってきて茄子・胡瓜・南瓜などを荒らしまくったそうです。悠々亭さんの畑は少し離れているので大丈夫と思うのですが、、、、、、。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください