長峰山~六甲高山植物園ハイキング

JRクリーンハイキングに参加しました。コースは六甲道駅~護国神社~長峰山~山頂天狗塚(688M)~穂高湖~全山縦走路~六甲高山植物園にて解散の約9.5KMで参加者は約200人でした。
護国神社までは徒歩20分。護国神社で簡単な説明を聞き雨のなか9時50分にスタート。最初から神戸特有の住宅街の舗装された急坂を登ります。35分でやっと平場となり小休憩。そこが登山口となり細い山道に入りました。登山道は殆どが雑木林の中で雨のせいか鬱蒼としており日暮れのような雰囲気でした。時たま視界が開けても何も見えません。
護国神社から登ること1時間15分で長峰山頂の天狗塚に着きました。岩場である天狗塚では360度開けた展望で西に麻耶山、東にお多福山、北には六甲山最高峰が見える絶好の景色であるはずとの説明があったものの写真のように何も見えません。苦労して来たのにです。
                              
                            
天狗塚は狭いし次から次へと後続がやってくるので、早々に次の穂高湖へと向かいました。最初は急坂を降りて何度も上り下りを繰り返して12時丁度に穂高湖に到着。この頃には雨が止み綺麗な穂高湖が見え出しました。湖の奥正面に見えるのは‘‘シェール槍’’その尖った頂上からは新穂高が見えるそうです。景色は絶景でも険しい山ばかりで熟練者向けのコースになっているそうです。穂高湖も含めてそれらのネーミングからこの辺りは六甲山の北アルプスと呼ばれています。
静かな森の湖畔で40分間昼食休憩をとりました。
  
 穂高湖は標高650Mにある人工湖で六甲山上では2番目の大きさだそうです。そこからは楽しい新緑に囲まれた六甲全山縦走路の尾根歩きです。半分が上り、半分が下りでした。
   
           

 そして14:10に六甲高山植物園に着きました。クリーンハイキングなので各自がゴミ袋を持ってゴミを拾いながらのハイキングです。しかし山は綺麗にされておりそんなにゴミは拾えなかったですが、取りあえずゴミ袋を係りの方に手渡し希望者のみで入園しました。
六甲高山植物園は北海道南部くらいの気候で世界の珍しい高山植物と六甲山の自生植物など約1500種があるそうです。楽しみにしていたササユリはまだ数本しか開花していなかったものの他の高山植物が代役を果たしてくれました。
 
今は高山植物のベストシーズンで、まずはスイスアルプスの名花エーデルワイス 星型に開いた苞葉に囲まれています。普段は標高3000-3500mの日当たりの良い岩場や草原に咲くそうで‘アルプスの星’とか、色から‘銀の星’とも呼ばれています。’今日は繊細なこの花に遇えて良かった’と心から思いました。
           
  
 そして日本を代表する高山植物であるコマクサです。コマクサは他の植物が育たないような厳しい環境に単独で生息しその美しさと気品の高さから「高山植物の女王」と呼ばれています。昔は薬草としての価値が大変高かったそうです。腹痛の妙薬として利用されてきました。
  
          
 他の綺麗な花も凛と咲く美しい姿を見せてくれました。ニッコウキスゲ1日花だそうです。夕方には閉じてしまいます。
  
          
  
  
  
植物園内を1時間半楽しんでから下山しました。今回は珍しく若い女性の参加が多かったです。
 
 
 
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 健康登山・ハイキング パーマリンク

長峰山~六甲高山植物園ハイキング への6件のフィードバック

  1. マリリン より:

    こんばんはー久しぶりに見せてもらったのですが、一杯いろんな所へ、行かれたんですね。やっぱり、その名のとおり『もりもり元気さん』です。可愛いコマクサ!!いつものように、PCの背景にいただきました。濃い水色は、珍しい色のお花ですね。中国辺りの山の上に、咲いていそうなお花ですが・・なんていう花なのかしら??

  2. 元気 より:

    濃いブルーの花は「コリダリス」と表示されていました。マリリンさんは勘が良いですね!中国四川省原産で‘チャイナブルー’と言うコリダリスの一種のようです。同じ程度の山に登っても暑くなると疲れが倍増します。もりもり元気の看板を降ろさなければならないかもです。

  3. う~さん より:

    へぇ~凄い! 見直したぁ~ 自由参加ですから雨の日にはしり込みするのが我々凡人ですが、 流石や~ いつまでも「もりもり元気」の看板を掲げて何れ縦走路を完歩しましょう。ところで植物園からの下山は「みよし観音」前を通り石切り道からの下山でしたか? それとも六甲ケーブル近くの油コブシ道ですか?

  4. 元気 より:

    う~さんのブログを拝見して六甲の固有名詞が出てきても方向感覚がさっぱりでチンプンカンプンだったのが、今回穂高湖やシェール槍などを実際自分の目で見ると繋がってきました。同行していたリーダーの話しではシェール槍はかなりの登山熟練者が登る所とのことでしたが、う~さんは奥様同伴で軽々と登っているのには驚き流石だな~と感心してたところです。下山は教えてもらったとおりだったので良く分かってないのですが六甲ケーブルの近くのほうだと思います。機会を作って六甲山を案内して下さいね!

  5. マリリン より:

    今日、『御食国若狭おばま歴史街道ウオーキング』の案内が、商工会議所から届きました。10月3・4日です。歩いてみたいコースが、どっさり!!楽しかった去年を、思い出しました。

  6. 元気 より:

    は~い、案内書が大阪にも着きました!おおい潮風コース・炎の道コース・ネギの里コースなど新しいコースが満載ですね。今年も同級生で一緒に歩きましょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください