湖都古都おおつ ぶらり紅葉巡り

延暦寺や日吉大社の門前町として栄えた大津・坂本の街。京都三条から京阪電車のローカル線に乗りコトコトと坂本にやってきました。昔はすざましい戦国の渦中にあった街、1200年の歴史とロマンが漂います。
                           
  
駅から暫く歩くと‘石積みの道’があります。石工集団・穴太衆が手がけたものでここ坂本では随所に見られ紅葉とともに美しい景観を生み出しています。穴太衆は古来より穴太一帯に住み(坂本付近)比叡山の土木営繕の御用を務めていたそうです。自然の石を加工せず野面石を自由に積み上げる‘穴太衆積み’と言われる特異な石積みです。高い技術を認められ、安土城や彦根城の石垣も彼らの手によって造られました。
     
                          
20分ほど歩くと琵琶湖を見下ろす高台に聖徳太子が開創されたとされる天台宗の西教寺があります。知名度は延暦寺や日吉大社ほどは無いものの天台真盛宗の総本山として400寺以上の末寺を持ちます。
  
   
   
   
   
1493年に西教寺に法難が押し寄せ、手白の猿が念仏の鉦を打ち上人の身代わりをつとめて西教寺を護ったという話しがあります。それ以降も身代わりの猿は護猿(まもりさる)と言ってあらゆる災難から護ってくれているそうです。屋根のあちこちに見られます。
 
再び20分ほどかけて日吉大社に向かいました。鬱蒼たる樹林に覆われた40万smの広大な境内を持ち、モミジは約3000本と言われています。その境内には108社の神々が祀られています。
  
  
                        
神仏習合の信仰を表す‘山王鳥居’があります。山形の屋根をのせた朱色の鳥居で「合掌鳥居」とも言われています。見頃の紅葉が朱色の山王鳥居に映えて最高でした。
  
  
中心の東本宮付近です。大津絵の展示会があり楽しい絵が多くありましたが写真は駄目でした。
  
                          

お隣の旧竹林院は比叡山の僧侶が隠居して住んだ里坊の一つです。里坊は現在でも50もあるそうです。起伏の或る地形を生かした美しい庭園です。嘉田知事もお見えになりました、とても素敵な方ですね。
  
                                
  
最後は滋賀院門跡です。ひと際背の高い石垣と白壁に囲まれて延暦寺の本坊らしい堂々とした構えです。ここの石垣が穴太衆の作品の代表的なものです。
  
  
坂本は他の地域より紅葉が遅れているようで丁度見頃でした。そして鬱蒼とした緑の中に太陽が差し込み紅葉が一層引き立って最高でした。
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 健康登山・ハイキング パーマリンク

湖都古都おおつ ぶらり紅葉巡り への2件のフィードバック

  1. 悠々亭 より:

    私は24日(月)に若狭からの帰路、坂本界隈を散策しておりました。紅葉はピークでしたが、曇り空でくすんだ感じでした。紅葉は、陽光に透けた朱色のコントラストを楽しみたいので、少し残念でした。屋外は晴天でないと楽しみが半減しますね~車は比叡山高校のところが無料駐車できましたよ。JR坂本駅前の中華ランチもなかなかでした。

  2. 元気 より:

    そうでしたか、曇り空で残念でしたね。悠々亭さんは駐車スペースには随分詳しいですね。お仕事の関係でしょうか?私は京阪電車の大津1dayチケット500円を利用しました。日吉大社や旧竹林院への入場も割引でした。そしてお昼の‘鶴来蕎麦本店’も1割引で食べられました。午後2時ごろなのに列を作っていました。皆さん思考は同じようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください