播磨アルプス・桶居山(おけすけやま)

順序が逆になりましたが昨年末の30日に、いこいの山岳会の例会で低山ながら視界の良い稜線の‘播磨アルプス縦走’に参加しました。コースはJR曽根駅~百聞岩~鷹巣山~桶居山~JR御着駅です。Hリーダーが年末にお邪魔虫扱いされている男性のために企画してくれた意義ある例会ですが14人中女性が5人もいて驚きでした。お聞きするともう正月準備は殆ど完了とかで皆さん計画性抜群です。9:30高砂市にあるJR曽根駅集合です。中でも桶居山(247.6m)は低山ながら播磨の槍ケ岳と言われている素晴らしい鋭峰とのことで楽しみにして参加しました。  
 
豆崎登山口は駅から約5分で、住宅街に小さな標識があります。いきなり急な岩場には驚かされました。見渡すと一帯が殆ど岩山で、育ち難いのか背丈の低い潅木ばかりです。ですから眺めは最高なのです。
    
   
     
暫くすると右手に高御位山(たかみくらやま)左に播磨の海が見え始めず~と見晴らしの良い縦走路を進みます。
  
10:40百聞岩に来ました。百聞岩には正式な道がある訳でなく自分で歩き易いコースを選び15分ほどでピークに着きました。結構、斜度がありきつかったです。
  
                           
そこからは小さなアップダウンの繰り返しで高御位山への縦走路を景色を楽しみながら歩き11:20鷹巣山の東峰ピークに来ました。絶景を楽しみながら30分の昼食休憩です。
                        
   
鷹巣山の西峰ピーク(264M)で歩いて来た稜線をふり返ります。かなりの距離を来たものと全員で満足鷹巣山を下ると桶居山と高御位山の分岐となり、すぐゴリラ岩が姿を見せてくれました。
  
                          

更に進むと桶居山が岩尾根の先に全景を現しました。岩ばかりの鋭鋒で鋭く天に突き出ています。
  
見えてからは結構距離があり中々下まで着きません。
  
真下から眺めた桶居山です。そして岩混じりのざらついた急な斜面を登り始めました。
  
13:25桶居山頂上に着きました。360度の展望で高砂市や播磨灘が見えます。でも冷たい風が頬を直撃で10分ほどで御着駅(ごちゃく)に向かって再び縦走開始です。
  
ゴツゴツした岩場を下山途中に眺めた桶居山です。どちらから眺めても綺麗な鋭鋒です。
  
                            
時期を誤った‘つつじ’でしょうか?縦走路で見つけました。
  
15:00にJR御着駅に着き解散です。展望が良くて長い綺麗な稜線を楽しく歩けました。記憶に残る例会でした。Hリーダーに翌年もお邪魔虫になると思うので是非この時期に計画して欲しいとお願いしました。すると隣の誰かが‘正月三が日もお邪魔虫なのでお願いします’と、、、、、。
 
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: いこいの山岳会 パーマリンク

播磨アルプス・桶居山(おけすけやま) への2件のフィードバック

  1. 悠々亭 より:

    私は鹿島神社に車を置いて登るのですが、播磨アルプスは、北アルプスのガレ場を連想させるコースで、しかも眼下に播磨灘が一望できます。暖かくなると海風が爽やかで最高ですよ。六甲山と言い、播磨アルプスと言い、元気さんもいよいよ我が兵庫に進出ですね~兵庫は温泉も多いし、楽しい山行が出来ますよ。姫路の雪彦山などは如何でしょうか?

  2. 元気 より:

    播磨アルプスは悠々亭さんの縄張りでしたね。言われる通りアルプスと名がつくだけに楽しいコースでした。私はまだ連れて行ってもらうだけなので、兵庫の山は分かりませんがリーダーの計画では高御位山や野路菊の綺麗なコースが控えているようです。雪彦山ですが、もし悠々亭さんが登られる機会があるようでしたら一緒させていただきたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください