京都・大原三山縦走

JR京都駅8:20集合の「いこいの山岳会」の大原三山縦走です。京都バス大原行きに乗って「戸寺」で下車。コースはそこから江文神社~琴平新宮社~金毘羅山(572.8M)~翆黛山(577M)~焼杉山(717.6M)~大原です。この時期の京都北山なのでアイゼン携行で13名でした。
 9:55うっすら雪化粧の戸寺バス停をスタート。バス停から金比羅山を望みます。
  
登山道も新雪でザックザックと雪を踏みしめてです。とても気持ち良いです!!!20分で琴平新宮社に着きました。
   
            
金比羅山頂に11:15着です。頂上は展望なし。金毘羅山は双耳峰で三角点はこの西峰にあります。
  
休憩なしで下山開始、厳しい下りを降りて翆黛山に向かいます。11:45翆黛山頂に着きました。風も無かったのでここで45分の昼食休憩です。Yリーダーが温かい甘酒をふるまってくれました。最高で~す。
  
アイゼンはずーと装着しなかったのですが雪の下に木の根っこが隠れていて厳しい下りの箇所では多勢がスッテンでした。大原分岐までは下りで、そこから焼杉山への登りとなります。
             
   
 
焼杉山へは13:35着です。ここも展望はなく寒いのですぐスタートしました。
  
15:00大原の里へ下山しました。最初から最後まで展望は無かったのですが、変化に富んだ長い距離のコースで新雪を踏みしめられる快感もあってとても楽しい山歩きでした。解散後、大原の里を有志で散策して帰る頃には歩いた山々に夕日が沈んで行きました。
  
          
 
      *****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************:
年初に神戸登山研修所に於いて、いこいの新入会員を対象にした講習会が開かれ参加しました(ベテランの方も参加されていました)。講師は大学の山岳部からずーと経験を積まれているMリーダーです。主な内容は山行のための装備と山行時に会員として持たねばならない自覚についてでした。私は聞くこと全てが新鮮でした。今後は地図とコンパスを使いこなせるようになりたいことと、保険証のコピーと蝮や蜂に被害を受けた際に良く効く‘ポイズンリムーバー’は必ず携行しなければと思いました。
神戸登山研修所は2階建てで人工壁も備え付けてあります。兵庫県は六甲山があるだけにそれだけ登山人口が多くて、こんな立派な設備があるのでしょうか?
    
           
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: いこいの山岳会 パーマリンク

京都・大原三山縦走 への9件のフィードバック

  1. マリリン より:

    こんばんは嵐山・・そして、今日の大原!!行ってみたくなる綺麗な京都の風景。素晴らしいですね。切り株?で作った、大原女のかわいいこと!!思わず笑みがこぼれます。

  2. 元気 より:

    京都もすこし市街地から離れると自然がいっぱいです。シーズンに行くと人でいっぱいですが、冬は閑散としていてゆっくりと景色を楽しめます。マリリンさんの第二の故郷の京都は懐かしいでしょう!ハイキングにでも出てきてください。

  3. う~さん より:

    元気さんh、早朝集合で遠くまで出かけられ、ホントに凄い!!! 独身時代に恋人とデートした時のようです。ところで「いこいの山岳会」では2~3月には六甲縦走はされますか? 3月14日には勤労者登山会主催、3月28日はひよこ会主催の縦走があります、私は両方に参加する予定ですが、どちらか1日は貴方を始め仲間達で歩きませんか? 確かに苦しいかもしれませんが挑戦、例え完走出来なくともそのプロセスを楽しむと同時に次回の為に更に鍛えるとか・・・ 今朝の新聞で知ったのですが「いこいの山岳会」で今週末、阪急・六甲から掬星台~雷声寺へのハイク情報が掲載されていましたが参加されますの? 当日私は途中まで同じですが山寺尾根~掬星台~アドベンチャールート~黒岩尾根~新神戸と歩く予定です、ひょっとして合うかもしれませんね。 確か以前杣谷峠~長峰山~阪急・六甲へ下山されましたが・・・今回は其の西側から杣谷峠へ登られると推測します、もし参加ならば楽しんで来てください。

  4. 元気 より:

    う~さん 久しぶりです。今、う~さんのブログを拝見したら毎日登山とかで凄いペースで頑張っておられるようで同じ年なのに吃驚です。私はまだ連れて行っていただくだけの立場なのですが、毎回新しいコースばかりなので楽しく参加しています。六甲縦走については、いこいの山岳会としての予定は3月10日まで発表されていますがありません。その後は不明です。同級生登山はY君から武奈ケ岳に行きたいとの要望があって3月に予定しています。まだ決定ではないのでう~さんの要望と合わせて皆さんと相談します。1月23日の会の摩耶山行きは参加の予定です。う~さんも近くのコースを歩かれるとかで広い六甲で会えるかどうかですが、私はあまり六甲は詳しくないので楽しんできます。

  5. う~さん より:

    ますます~もりもりお元気な元気さんへ、武奈ヶ岳は積雪が10~20cm程度位になってからならば参加させて頂きますが・・・3月ではまだ1m位はあるのでは?皆さん大丈夫ですか? 3月14日と28日は縦走致しますが、それ以外の日ならばOKです。1月23日は阪急・六甲駅から掬星台へは3ルートで ①徳川道・カスケードバレイ~アゴニー坂からのルート ②徳川道~山寺尾根 ③長峰山へ登り杣谷峠~アゴニー坂で一般的には①のルートではないでしょうか? 掬星台から雷声寺への下山ルートは④天狗道~学校林道~旧摩耶道 ⑤旧摩耶道を歩き摩耶山史跡公園~行者茶屋跡~雷声寺のどちらのルートも一般的ですがハイカーの多いのは縦走路でもある天狗道の④のルートでしょうか?いこいの山岳会で六甲山系で私1人で行けないような場所を登山される時があれば参加したいと思います、メンバーでなくとも当日参加費を払えばOKですし、毎週木曜日の神戸新聞にハイキング情報が掲載されておりますので。縦走で思い出しましたが昨年末に播磨アルプスとして桶居山から高御位山への縦走されましたが、小野アルプスの縦走も面白いです、此処も低山中の低山で約200m程度の山々ですが、其の中で紅山への岩山登り(丁度馬の首の様な傾斜角度を登る感じ)は未だに恐怖心が残っていますが再挑戦したくなる山&縦走路です。

  6. 元気 より:

    同級生登山は、2月に三峰山(日にち未定)へ行ってその時に3月の武奈ケ岳のことを相談する予定になっています。積雪が多ければ危険が伴うので当然中止です。12月の朝日峰でY君が3月くらいとの意見だったのでそれ以上は深く相談していません。また連絡しますね。1月23日の摩耶山は会の案内によれば護国神社~長峰堰堤~山寺尾根コースになっています。下山は学校林道~雷声寺~新神戸駅です。いこいの計画はHPで見てもらえば出ています。その中の一部を新聞社が選んで掲載しているように聞いています。う~さんの実力であればA-Dクラスのどのコースでも問題ないでしょう。小野アルプス縦走も面白そうですね。いずれ行って見たいです。

  7. う~さん より:

    そうですか、山寺尾根ならば登りは全く同じルートです、此処は雪がなければ急坂でも堪えないですが猛暑の夏場は死のロードです、2008年7月28日に同行人を連れて登ったのですが大変でした、またあの日は未だに忘れられない悲しい出来事があった日(都賀川での濁流による惨事)今回はそれ以来で単独なので、自分のペースで挑戦します。下山では縦走路でもある天狗道から学校林道へ入られて雷声寺ですね、天狗道では楽しんで下さい。私は縦走路の隣(北東)にある黒岩尾根からの下山です。六甲山系で単独で歩くのは少し敬遠しなければと思っているのは五助山と西山谷ですが、もし計画有れば参加したいです。

  8. 元気 より:

    そんなに急なところですか?ちょっとばかり心配になってきました。今、参加申し込みをしたら念のため軽アイゼン携行の指示がありました。雪とか凍結があれば使用するとのことでした。五助山は詳細はまだ出ていませんが、2月21日に五助山(クラスC)3月10日に五助谷(クラスB)で計画がありますよ!私は参加できるかまだ不明ですが詳細が出たら連絡します。

  9. う~さん より:

    両方に参加して見ようと思います、クラスC(一般的)になっていますが、此処は決して侮れませんし、単独では万一の時にはTHE ENDです、夏季にお1人での方が滑落され、一晩その場で過ごされ翌日自力で戻られましたが、この時期ならば凍死でしょうね。

う~さん にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください