湖北・虎御前山から小谷山へ

寅年の年初、いこいの山岳会のMリーダーが虎の名前の付く山を探し出し例会を計画してくれました。関西で数少ない虎の名前が付く山だそうです。JR虎姫駅に9:00集合です。列車を降りたら米原は全く雪が無かったのに、虎姫駅付近は約30cmの積雪で吃驚。リーダーの指示でスパッツを付けて13名で9:20スタートです。地元の方が‘今年になったら観光バスでも登山客がどっと来るけど、どないなってるんや!’と不思議がっていました。
              
 10時に虎御前山の三角点(203m)に着きました。浅井攻めに織田信長が小谷城に籠城した浅井軍を攻略するために陣を張ったことで有名な虎御前山(224m)ですが、三角点から15分歩いた所に信長の陣地跡(最高峰224M)があります。山のプレートも2010年版の新品です。
   
   
  
小谷山追手道コースを通り小谷山に向かいます。 積雪はここでは50-60cmでしょうか?大勢の登山客に踏みつけられ丁度ボブスレーのコースのようにガチガチになり良く滑ります。10:45郡上集落に下山しました。
  
郡上集落を横切り小谷山登山口を11時に通過です。登るにつれて積雪量は多くなります。本丸跡に11:50に着き雪がふり続く中、35分の昼食休憩となりました。今日のコースは小谷山を一周するように歩きます。
  
  
首据石がありました。家来の裏切りへの制裁だったそうです。そしてやっとアイゼン装着指令が出ました。
  
山王丸付近でストックを刺して見ると雪は1m以上になっていました。六坊跡を過ぎて頂上への直登に入ったら暫くして雪を踏みつけた跡が無くなってしまいました。Mリーダーはじめ会のベテランの方が必死でラッセルしながら進みます。後ろに続く者もズボッ・ズボッと片足が股下まで入り込んで抜け出すのに一苦労です。ここでグループの1名のアイゼンが外れてしまい、それを理由に他のグループに先頭を譲りました。案内板も掘り起こさないと埋もれて見えません。
   
  
     
小谷山(495m)の最高所に大嶽(おおづく)城跡があります、13:30着です。姉川の激戦で敗れた浅井軍は全山要塞化した小谷城に籠城し3年も耐えました。織田軍はやっとの事で大獄城を落として高所から小谷城の本丸へと攻め下がったと伝えられています。日本五大山城の一つとして有名な小谷城は、浅井長政とお市の方との悲劇の舞台としても良く知られています。
   
13:45下山開始です。コースは山崎丸方面です。山崎丸は越前の朝倉軍が浅井軍への加勢のために陣を張り織田軍と対峙したところです。山裾近くにありました。下山道も歩いた形跡がなく大変でした。足が雪深く入り込んで抜けなくなりメンバーに掘ってもらい抜け出せた時もありました。あるメンバーは急坂を尻滑りで降りました。SOSや奇声が響きわたって小学生に戻ったように楽しめました。
   
14:50郡上集落の清水神社に降り、アイゼンを外し、雪で真っ白の田園風景を眺めながら15:25JR河毛駅に着き解散となりました。
                                                                        
低山なのにたっぷり雪道歩きを楽しめて最高の一日になりました。今後1-2月の例会(高見山・三峰山・湧出山など)が楽しみです。普段この両山は石垣・土塁などが残っていて歴史や城研究家が多く訪れるそうです。今回は雪で何も見られませんでした。そして激しい合戦の場でもありました。
 
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: いこいの山岳会 パーマリンク

湖北・虎御前山から小谷山へ への2件のフィードバック

  1. 悠々亭 より:

    冬は雪山ですよね、と言っても安全な低山雪山ですが・・六甲も北摂も積雪が無くムズムズしています。やはり、湖北まで行くと雪がタップリあるようですね~腰まで雪につかりながら、武奈岳にチャレンジしたのを思い出します。汗まみれ、雪まみれ、ちょと休むと身体が冷えて、体力を消耗します。もう無理でしょうね~しかし、晴天の雪山は最高です!

  2. 元気 より:

    はい、危険が少ない低山で雪と楽しめるのは最高です。悠々亭さんが武奈ケ岳へ登ったのは何月でしたか?今年の3月に同級生で登る計画があるのですが雪が多ければ中止の予定です。高山で腰までの雪にチャレンジされたのは凄いですね。晴天の雪山は輝いていて一生記憶に残るほど素晴らしいです。2月に高見山や三峰山が控えています。霧氷と対面できれば最高なんですが、、、。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください