六甲・ハチノス谷東尾根~新穂高

あまり人が入らない三角形山の六甲・新穂高への地図読みを兼ねた「いこいの山岳会」の例会です。9時、阪急六甲駅から長峰墓地~ハチノス谷東尾根~天狗塚(687.8m)~杣谷峠~新穂高取付~新穂高(648m)~桜谷出合~市ケ原~JR新神戸駅のルートです。11名で冷たい風を頬に受けながら長峰墓地に9:45着、広い墓地内を突き抜けハチノス谷東尾根に入りました。東尾根は急登のうえ、乾いた落葉がいっぱいで滑って大変でした。
      
四つの鉄塔を通り、最後のササ原の急登を抜けて11:05長峰尾根道に出ました。11:10長峰山頂(天狗塚)着。冷たい風で滞在は僅か数分。ここからは六甲最高峰方面も神戸市街地も展望は良好です。
      
      
11:50杣谷峠着。40分の昼食予定でしたが動かないと寒くて12:15切り上げての出発となりました。徳川道を歩き、すぐ新穂高の取り付きからササ原の中を登山道に入ります。途中から眺めた新穂高です。            
12:40山頂着。雑木の中の狭い山頂は展望無し、山名標識も落ちてしまったようでありません。下山は桜谷出合に向かってです。登りは簡単だったのですが下りは急なアルプス似の岩場で新穂高と呼ばれる所以かもです。
      
徳川道に出て桜谷出合を通過し、長くて緩やかなトエンテイクロスに入ります。名前の通り何回も渡渉があります。
           
市ケ原~布引貯水池~布引滝を通り15:35新神戸着で解散となりました。地図読みは主に現在地の確認と地形図の現場確認で、頬をさすような冷たい風の中をたっぷり歩いた一日でした。
      
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: いこいの山岳会 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください