鯖街道の起点 小浜市泉町

若狭から京都へつながる鯖街道の起点である小浜市泉町。この時期は美味しい魚を求める客が多く大忙しです。
       
人気ナンバーワンは何と言っても若狭カレイ。毎年11月末から12月にかけて皇室に献上されています。今年も12月上旬に献上されました。底引き網漁が解禁になると多く市場に出回ります。浜に上がるとすぐ一夜干して完了。身が締まって美味しさは格別です。
       
今はびっしりと子が詰まっています。
       
若狭湾で底延縄(はえなわ)と言う漁法で獲れたアカアマダイ(1本の縄に100~150本の針をつけ引き寄せる)を「若狭ぐじ」と呼んでいます。一塩されたアマダイの鱗を落とさず、そのまま焼いて食べます。京都の料理屋で良く出てきますが堅い鱗を食べられるように焼くには特別の腕が必要で料理職人のランクが分かるそうです。名前の通り身肉に甘みがあってとても美味しいですよ!
        
大衆魚の「焼き鯖」。1匹を豪快にまるまる焼きます。外はパリパリにし中がジューシーなのが若狭の焼き鯖の特徴です。家庭では中々上手くいかないのですが、コツは時間をかけて強火・遠火・上火で焼くと美味しく仕上がるそうです。
       
NHKのTV「ちりとてちん」で度々登場した魚屋食堂も多くの魚を売っています。
       
冬季が旬の金目鯛ですが、どう料理したら一番美味しいのでしょうか?目が金色に輝き身体が赤くてあまりにも美しくて胸キュンになりました
       
他にカニやブリ・フグなども美味しそうですが、上記4種が若狭湾を代表する魚です。鯖街道で最も利用されたルートは、ここ泉町から若狭町・熊川を通り、高島市・朽木を経て京都・出町柳に至る若狭街道です。
 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 故郷・若狭 パーマリンク

鯖街道の起点 小浜市泉町 への2件のフィードバック

  1. 太郎 より:

    カレイ、ぐじ、焼きサバ、金目鯛・・鮮やかな写真が見事です。(花と料理はアップですね) 眺めるだけで、ヨダレが出てきます。説明も簡にして要を得ています。私はぐじの漁法や料理法を知りませんでした。地元民ならではの説明です。鯖街道で入って、鯖街道で締め括る。やりますね~いつかこの調子で、小浜の名産、カニ、ぶり、フグを取れたて写真付で紹介して欲しいものです。待っていますよ~

  2. 元気 より:

    は~い、分かりました。ブリは今年は豊漁だそうです!小浜のカニ市場は安いロシア産が多く並んでいました(松葉10000円・ロシア3800円)。若狭フグは養殖ですが大分名前が売れてきているようです。若狭フグのフルコースを食べて見たいのですがお値段はいかほどでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください