高島トレイル・残雪の大谷山

23日に予定している若狭高校同級生登山・大谷山(813.9m)の下見にSリーダーとやってきました。プラス1名は、なんと、いこいの山岳会に若狭高校の卒業生がいたのです。Yさん(21回卒3HR普)です。Yさんに23日の案内をしたのですが都合がつかず下見に助っ人として参加してくれました。

JRマキノ駅から予定していたバスが4月から廃線となったため登山口がある石庭までタクシーで、1580円でした。

正眼院に通じる柵から入ってしまい登山口を見つけるのに15分もロス。正眼院を少し過ぎて、登山口表示がある写真の柵が正解でした。ここで標高170m。10時スタート。

すぐにカタクリの花が迎えてくれました。まだ小さくて咲いたばかりのようです。

カタクリはあちこちで咲いていました。石庭近くに「カタクリの里」園があり10日に開園したそうです。

                                       

                            イワウチワとイワカガミの群生地もあちこちにあります。開花はこの二輪のみでした。まだ時期が早いようです。

すぐ人工林から自然林に変わり、深く掘られた山道の個所には残雪が。

                                                

                                       

                                     

                             今冬は雪が多かったのでしょう。倒木が頻繁に現れます。でも杉の大木でなくて自然林の小木なので何とかパス。

                                               

                                          

                                          

                                        

                                   標高約700mを過ぎると一面が雪野原となり山道が隠れてしまいました。3人で目印のテープ探しに奔走。結構、時間を費やしました。

この標識を見つけて勇気百倍。更に進んで12:10-12:40中腹で食事休憩。

山頂への稜線が見えたと思ったら雨が降り出しました。

                                       

                             

                             山頂付近の残雪は想定外の1m超。13時やっと山頂に辿り着きました。30分以上は確実にロスしたようです。

山頂から西の大御影山(950.1m)と北の寒風(840m)です。360°の大パノラマですが雨が強くなり写真を撮ってすぐ下山開始。

                                 

  

笹の草原を寒風に向かいます。気持ちの良い稜線です。

振り返って見るなだらかな大谷山です。

残雪いっぱいの寒風に13:40着。ここから粟柄越を経由してマキノスキー場に下山する計画だったのですが雨の為、ここから下山することに変更。粟柄越方面(右)です。

素敵なブナ林を歩き下山ですが、ここでも山道が雪で隠れてしまい、倒木にも苦戦しました。 

 

マキノスキー場に14:55下山し、バスでJRマキノ駅へ。天候が悪く山頂からの大パノラマは楽しめませんでしたが本番(雪で5月14日に延期)はきっと素晴らしい展望を楽しめることと思います。皆さん 参加して下さいね。

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 若狭高校15回卒の仲間達 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください