翔ぶが如く・・・佛隆寺の千年桜

かつてNHK-TVが奈良・佛隆寺の千年桜を‘‘翔ぶが如く’’と紹介したモチヅキサクラが満開で、運良く最高の美に会うことが出来ました。

樹齢が900年を越えると言うのに樹勢は衰えず全ての花に艶があり活き活きしています。巨大な桜が参道に覆いかぶさっています。

根株2mのところで大小11本の枝に分かれ樹高16mで四方に枝を広げています。

千年桜姫「真依子」と名付けられたそうです。

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 魅惑の花 タグ: パーマリンク

翔ぶが如く・・・佛隆寺の千年桜 への2件のフィードバック

  1. 悠々亭 より:

    お久しぶりです。「貧乏暇無し」で、今年は花見を楽しめませんでした。「元気すぎる」さんの桜行脚で憂さを晴らしています。群れ集う雲海のような桜(高見の郷)も良いのですが、独り凛として咲き誇る里山桜も気に入っています。仏隆時の巨大な千年桜はぜひ行ってみたいものです。2~3年は無理だと思いますが・・

  2. wakasahs15th より:

    悠々亭さん コメント有難うございます。
    言われる通り高見の郷はまだ植えて期間が短い為、感動するには時間が経って樹木が大きくならないと無理です。でも10年もすれば素晴らしい桜の園になっていると思います。
    佛隆寺の千年桜は見頃だったこともあり感動しました。急な坂にあることもあって本当に鳥が飛立つような感じです。
    桜は逃げませんのでいつの日にか訪ねて下さい。

wakasahs15th にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください