若狭高校バスケットボール部OB会

2年ごとに開催されている若狭高校男女バスケットボール部のOB会が今年は22回卒(15回~)まで拡大され母校のある小浜で開催されました。

15-22回卒は、伊崎先生(男子)と華立先生(女子)が若高ご在職中フルにご指導下さいました。両先生ともお変わりなく若々しい姿で登場されました。

    

伊崎先生は後期高齢者の仲間入りをされ、今はご自宅で悠々自適の畑作業をされています。華立先生は前回の楽しさを思い出して寝付かれなかった。つくづくバスケ部の顧問をして良かったと思う。今日はバッチリ青春をさせていただく。また、今まで話したことは無かったがと前置きされ、当時、若狭地区は女子バスケ部が少なく練習相手を求めて京都府下の高校へ出かけた。相手校の監督から交際を求められたが断ったら後の試合で気まずくなってしまい困ったと。

卒業生72名に案内したところ、3名(15回)5名(16回)4名(17回)7名(18回)1名(19回)7名(20回)2名(21回)3名(22回)計32名が元気な顔を見せてくれました。この時代は男女とも県下ではトップクラスの実力でした。

伊崎先生と15-17回卒生

同18-22回卒生

20-21回卒生は福井国体で全国ベスト8の偉業を達成。国友君(21回)は大学~実業団でも大活躍でした。

20回卒に超有名人であるお水送りの主役がいたのには吃驚!写真は2011年3月の鵜の瀬での神事で中央が彼です。

18回卒の若高時代の写真です。何と可愛い!

華立先生と19-22回卒生

同16-18回卒生

酒が入ると、狭いコートで一緒に汗を流した練習の話し。「先輩、あれは酷い」「先輩は怖かった」「いや愛のムチだ」などなど。

   

   

乾杯の発声は山本君(15回)。司会は赤嶋君(代表幹事16回)上野君(16回)森下君(18回)の幹事組のリレー。

   

2年後、大阪開催の幹事を引受けてくれた18回の仲良しコンビ(清水君と檜鼻君)。バスケ部OB会と言うより、両先生を囲むOB会の名称の方が内容に合っているかもです。

校歌大合唱で中締め。

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 母校・若狭高校 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください