ススキがそよぐ曽爾高原

奈良県と三重県とを分ける倶留尊山と亀山の山腹に広がる曽爾高原(標高約700m)。ススキがびっしりと覆い、陽射しを浴びて銀色の穂をなびかせています。

展望の良い亀山へは長蛇の列。

亀山峠~亀山(849m)の稜線からは正面に兜岳・鎧岳・屏風岩等の室生火山群の奇峰が。眼下に見える高原の中央にはひょうたん型の亀池が。少し水がありますが大部分は湿地帯でここはヨシ原になっています。

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 美しい自然と風景 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください