ブナ林の黄葉・大谷山2011

大谷山(813.9m)山頂直下のブナ林の黄葉と稜線からの展望を楽しむ、いこいの山岳会の例会です。

23人のため3台のタクシーでマキノ駅~石庭・正眼寺をピストン。10時正眼寺奥にある登山口を防獣柵を開けて出発。大谷山は殆どが素晴らしい自然林です。

一部は紅葉が始まっていて‘うわ~綺麗’と歓声が。

イワカガミの群生地があちこちに。陽射しを浴びて葉が鏡のように輝いています。「私の肌にもこんな艶が欲しい!!!」と60歳台の女性会員。また一方で「花が咲く春に絶対来たい!」とも。

11:30標高約750mにあります高島トレイル眺望ルートとの分岐着。小休憩をして真っすぐブナ林ルートへ。すぐ楽しみにしていた広大なブナ林に入ったものの、殆ど葉が落ちてありません。黄葉する前に強風により飛ばされたのでしょうか?残念!

その代わり山道はフカフカの落ち葉の絨毯!サクッサクッと快い音。

12:00近江坂ルートとの分岐を通過。山頂はもう一息!

南東方面の山腹の紅葉です。

そして雄大でなだらかな大谷山頂が姿を見せました。

ススキの中を進んで山頂着、食事休憩(12:15-12:50)。

眼下にはメタセコイヤ並木。ここから粟柄越までは展望が楽しめる稜線歩きです。まずは寒風への下りと上り直し。

ササの草原で心地よい風が頬にあたります。

寒風(13:20着)から眺めた大谷山。

寒風を過ぎブナ林を抜けてすぐに二股がありました。自分では北西に進むと信じ込んでいたのですが×印があって迷ってしまい、確認までに10分ほどのロス。北西に進むと「割谷の頭(859m)」へ行ってしまう事に。北東方向は赤坂山への本道でした。引き続き稜線歩きを楽しみます。

14:20粟柄越を通過。再び紅葉を楽しみながら下山。15:30マキノスキー場に着きました。

ブナの黄葉は駄目でしたが、紅葉や雄大な稜線歩きを楽しめた一日でした。

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: いこいの山岳会 タグ: パーマリンク

ブナ林の黄葉・大谷山2011 への2件のフィードバック

  1. おとら より:

    お天気も良くって良かったですね(=^・^=)
    青空が綺麗ですね、羨ましいですね
    膝と足の付け根を痛めてましたので、この一月は山には
    行けてなかったのですが、ぼちぼち、挑戦したくなってきました!(^^)!

  2. wakasahs15th より:

    天気が良くて最高でした。
    ブナ林の黄葉を期待していたのですが少し残念でした。
    膝痛が治られたら例会に参加して下さいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください