雪の和佐又山2012

友人6名で雪の深い和佐又山(1344.1m)への登山です。近鉄八木駅から奈良交通バスの霧氷号でR169の新伯母峯トンネルを越えた所にある登山口(標高710m)迄。霧氷号は翌日までの運行だそうです。

お巡りさん「どのコース?」・・・「尾根道」・・・「偉いな!」・・・「一緒に行きましょう」・・・「仕事中、気をつけて」・・・「世話にならないようにします」

雪が降る中、10:10スタート。積雪は新雪で10cmほど。標高差300m迄は急登 。2つのパーテイが交互にラッセル。

約50分で急登は終わり平坦に。

一時的に猛吹雪!

東屋の手前に決壊個所が。

11:20東屋着。積雪が約20cmとなり凍結も見られたのでアイゼンを装着。

引き続き平坦な道。

20-30cmの積雪となり山道が分からなくなってしまいました。

普段は分かりやすい道だと思いますが雪でお手上げ。テープも少ないようです。

何とか小休憩所に辿りつき昼食(12:10-12:30)

休憩所からは先のパーテイの踏み跡を辿り順調だったものの、追いついたら彼らも苦戦中でした。

何の樹でしょう?大木が。

ここから大奮闘のYリーダー。

ラッセルして突き進みます。

急登でのテープ探しは大変!!!全員が悪戦苦闘。

13:30やっとヒュッテ上の広場(1190m)に出ることが出来ました。積雪は約50cmで雪が降り続きます。西行や行基が詠んだ立派な歌碑があります。

ここで山頂へ行くかどうかの相談。往復1.5時間は最低かかると考えると帰りの15:40発のバスに間に合わないと判断し涙の断念。

山頂付近はブナ林が広がり、この寒さだったら綺麗な樹氷が見られるはずだったのですが。三峰山や高見山に比べて登山客は圧倒的に少ないようです。 ヒュッテ前に広がる風景がとても綺麗でした。

ショートカットして車道を下山。14:35バス停着。杉林がとても綺麗でした。

全員の感想・・・雪と戯れて楽しかったけど、道なき道で疲れた~~~。

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 健康登山・ハイキング タグ: パーマリンク

雪の和佐又山2012 への4件のフィードバック

  1. しーちゃん より:

    吹雪で寒くてお疲れ様でした。
    和佐又山は知らなかったです。
    >霧氷号は翌日までの運行だそうです。
    もう走らないんですね。
    mori2さんはいつもお元気で、いつも青春☆~まっただ中、バンザイ!

  2. wakasahs15th より:

    何とか山頂まで辿りつきたかったのですが、バスの時間があって
    断念でした。和佐又山の霧氷を一度見たかったのですが残念です。
    ハイ、和佐又行きの霧氷号は今年は19日で終わりです。

    しーちゃんのように、まだ一人で山歩きが出来ない初心者です。

  3. 悠々亭 より:

    お早うございます。小浜は大雪なのにこちらは雪がサッパリで、今年の雪歩きは無理でしょうね。
    ところで、吹雪く山景色の写真はなかなか良いですね。冬の静かさと言うか、厳しさというか、シ~ンとした音を感じます。カラーよりもモノクロに惹かれるのはやはり年でしょうかね~

  4. wakasahs15th より:

    悠々亭さん お早うございます。
    今年は小浜の雪は多かったですね。先週の帰省時には大分
    とけていました。
    関西も今冬登った山はやはり例年より多いような気がします。
    結構、楽しんでいます。あと、僅かな期間なので寂しい面もあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください