ヒルの大襲来で断念・・・湖北武奈ヶ嶽

DSC_4724-4A同級生登山で展望の良い湖北・武奈ヶ嶽(865m)へ登るべく登山口(地図にはない)に集合。R303水坂トンネルの上を走る旧道(鯖街道)の沢筋からです。

DSC_4727-4A人工林を1000Mほど進むと女性の一人が‘‘ぎゃおーヒル’’との叫び。足元に目を向けると列をなしてヒルが靴に上がってきています。物凄い数です。兎に角、その場で目に付くヒルを木の枝で払いのけ、走って車道に逆戻り。スパッツを外し、靴と靴下を脱いで中をチェック。それぞれに入り込んでいました。もの凄く速い動きです。このような多いヒルに会ったのは初めて(@_@;)

ならば尾根なら大丈夫だろうと思い、旧街道を東に進み水坂峠付近の二の谷山からくる高島トレイルの尾根に。でも5mほど入ると同じようにヒルが靴やスパッツに上がってきた為、車道に逆戻り。尾根もダメなら日を改めてと言うことにし武奈ヶ嶽登山は潔く断念。

==============================================================

DSC_4733-4Aそれなら山道が整備されている三十三間山(842.3m)へ行こうと若狭町の倉見登山口(標高90m)へ車で移動。

DSC_4737-4A

「最後の水場」まで人工林の中の広い林道が続きます。水場からは山道になり景色も自然林に。

DSC_4739-4A鹿対策の巻き方もその土地によって違うようです。

DSC_4741-4A

DSC_4744-4A

標高約500mにある夫婦松に。残念ながら二本とも枯木。

美しい自然林が広がります。でも結構急登なんです。

DSC_4745-4A

DSC_4753-4A「風神さん」と案内されていました。美しい自然林の中にポツンと。

そして眺望の良い大草原に出ました。山頂はもう少しです。

DSC_4756-4A

DSC_4761-4A北東に三方五湖。

DSC_4763-4Aaa

西南に涙を飲んだ武奈ヶ嶽とハゲの轆轤山(662.5m)。

DSC_4760-4A綺麗な羽の蝶がいっぱい蜜を吸っていました。展望の良い草原で遅い食事休憩。

DSC_4766-4A

参加者は15-21回卒4名と友人2名。

DSC_4769-4A

樹林の中の山頂は展望がありません。山名の由来は京都・三十三間堂が創建された際、棟木をここの山中から切り出したためとか。

山頂付近には素晴らしいブナ林が広がっていました。

DSC_4768-4A

下山は同じコースをピストン。実家に帰り、風呂でヒルの再チェックをしましたが実害は無かったです。早い発見が良かったようです。一人10-15匹くらいのヒルが付いていたので一匹くらいは入り込んで血を吸われたと思いましたが、、、。でも夢に出てきそうな気持ちの悪い光景でした。

コースタイム:倉見登山口1105~最後の水場1140~夫婦松1225~風神1305~草原1320-1355~山頂1405~登山口1550

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 若狭高校15回卒の仲間達 タグ: パーマリンク

ヒルの大襲来で断念・・・湖北武奈ヶ嶽 への10件のフィードバック

  1. YellowCable より:

    A very nice guiding into the park.

  2. しーちゃん より:

    mori2さん、おはようございます。
    すごい!なんて迫力のあるレポートでしょう。
    >列をなしてヒルが靴に上がってきています。物凄い数です。
    しかも素早い動きですか!ヒェーーすご過ぎます。きっと人の血の匂いに敏感なんでしょうね。
    よかったですね、献血しなくて。皆さんも素早い身のこなしでしたね。
    これから11月くらいまでは行先を考えないといけませんね。

    蝶はアカタテハ、花はウツギではないでしょうか・・・

    • wakasahs15th より:

      しーちゃん こんにちは!
      動物の匂いに敏感なのでしょうね。しかも生まれたばかりか小さなヒルが多くて老眼では大変でした。
      こんなに多いヒルは初めての体験でした。でも実害にはまだあっていません。
      10月に再挑戦を考えているのですが、まだ無理でしょうか?
      アカタテハと言うんですか、綺麗な蝶でした。有難うございます。

  3. KOH-G.CLEMA より:

    こんにちは!はじめてコメントします。
    ヤマビルの大量発生と野生動物(シカ、サル、イノシシ、ネズミ、ハクビシン、アライグマ等)の増加に関係がある可能性。人間による影響と気候変動も相俟って生態系が壊されるシグナルかもしれませんね。

    • wakasahs15th より:

      KOH-G.CLEMA さん こんにちは!
      初めまして。コメント有難うございます。いつもKOH-G.CLEMAさんの花情報を楽しみに読ませて戴いております。
      ヤマビルはどの山も増えているようです。この山の場合は鹿が異常に増えてあちこちに拡散しているようです。
      勿論、鹿が増えているのは人間の性でもあります。
      ヒルは血を吸うくらいですが、気持ちが悪いものですね。

  4. 竹中 より:

    おはようございます。
    ヒルは鈴鹿山系で良く出会いましたが、湖北武奈ケ嶽にもいますか!
    三十三間山は好きな山の一つです。 二度ほどのぼりました。
    レポートありがとうございます。

    • wakasahs15th より:

      竹中さん こんにちは!

      最近は鈴鹿山系や京都北山だけでなくヒルの生息地は広がっているようです。
      鹿や猪の増加で、くっついて広がるのが原因ではないでしょうか?血を吸われるだけと言っても気持ちが悪いものです。

  5. aquacompass7 より:

    三十三間堂の話面白いです。

    • wakasahs15th より:

      aquacompass7さん こんばんは!

      コメント有難うございます。どの程度の木材が提供されたかは不明ですがウソではなさそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください