薬師寺を護った鬼たち

DSC_6210-2

薬師寺は天武天皇によって680年に発願、飛鳥の地において堂宇の完成をみましたが、710年の平城遷都により現在の地に移されました。爾来、1300年余も立ち続けてきた東塔(写真右)は、平成30年の完成を目指して解体修理が進んでいます(上の写真は解体が始まる前の薬師寺です)。

DSC_2747-5

解体時に屋根から取り外された鬼瓦の公開がありました。昔から建物を火事や泥棒など悪いものが寄ってこないように魔除けとして鬼瓦が屋根にのせられています。東塔の四隅に計36枚の鬼瓦があり、その内、状態の良い14枚が公開されました。

DSC_2736-5

上下の歯牙を剥き出し,舌を噛み、目を剥いた恐ろしい形相ですが、大きさ・形・表情などが全て違っています。江戸時代(1644年)に改修された際のものと推測されています。手びねりと言う製法だそうです。

DSC_2734-5DSC_2732-5

DSC_2739-5

DSC_2731-5

DSC_2721-5

現在の南門のもの(室町時代か?)。

DSC_2722-5

1981年に復元された西塔のもの上の方まで良く見えませんが西塔は同じ鬼瓦で統一されているようです。

DSC_2725-5

DSC_2730-5

DSC_6243-2

金堂の薬師三尊像(2008年12月29日のお身拭いの際、撮影を許可されたものです)。その台座を護る守護神の複製です。順に白虎(西方守護神)・朱雀(南)・青龍(東)・玄武(北)。

DSC_2742-5DSC_2743-5

DSC_2744-5DSC_2746-5

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 日本の伝統行事 タグ: パーマリンク

薬師寺を護った鬼たち への16件のフィードバック

  1. YellowCable より:

    I am not sure these are considered masks or not. I have read that it is long time skill to learn and make masks.

    • wakasahs15th より:

      Thnk you for a comment.
      Is located in Nara Yakushiji. The east tower was rebuilt in 1644 has been renovated now.
      It is the ridge-end tile that has been removed from the tower.
      The ogre is picked up on the roof in a meaning to protect a building from a fire and a thief in Japan.

  2. Sartenada より:

    Incredible art!

  3. しーちゃん より:

    mori2さん、おはようございます。
    江戸時代に作られた鬼瓦たち!グっとにらみを効かせた形相は、日本人の魂がこもっているようですね。
    てびねりというのですね。
    thief(スイーフ)泥棒ですか、知りませんでした。
    歴史も英語も学べるコメントに感謝いたします。

    • wakasahs15th より:

      しーちゃん こんにちは!

      凄い職人技ですね!これなら泥棒も怖くて
      入れません。
      英語は辞書をひきながらで、正しい英文になっている
      ことやら???
      感謝されるような文章ではないですよ。

  4. 竹中 より:

    おはようございます。
    いろんな鬼の姿 おもしろいとかんじました。
    レポートありがとうございます。

  5. aquacompass7 より:

    薬師三尊像と台座の写真が良いですね。

    • wakasahs15th より:

      aquacompass7さん こんにちは!

      薬師如来、月光菩薩、日光菩薩三尊像は
      いつ拝んでもほれぼれします。
      台座の写真は複製です。
      コメント有難うございました。

  6. 素晴らしい鬼瓦の写真をありがとうございます。日本中の鬼瓦を写真で紹介する私のHP http://oni3.jp をご参考にぜひ。『鬼瓦お遍路―四国霊場88か所写真紀行』(幻冬舎ルネッサンス)は全国の主な図書館、博物館、美術館、88か所の寺院に、寄贈してあり、もちろん、書店でも扱っています。

    • wakasahs15th より:

      富山弘毅さま
      拙いブログにお立ち寄り下さって有難うございます(^^♪
      富山様は鬼瓦の専門家でいらっしゃるんですね。HPをゆっくり拝見させて戴きます。

      • 富山弘毅 より:

        決して専門家ではありません。ただ、たぶんほかにこんな道楽をしている方がいないだけです。小生、直腸がん手術の後、遠隔リンパ節転移があり、医師に「余命1年足らず」と宣告されてから6か月余。仲良くしている日本中の鬼たちが守ってくれて、まだ元気です。鬼瓦バンザイ!
        韓国には、日本のような鬼面文鬼瓦はほんのわずかしかありませんし、「鬼」ではなく「竜」だというんですよ。鬼瓦の祖先は朝鮮なのですがね。

      • wakasahs15th より:

        鬼瓦について色々と教えて戴き有難うございます。今は鬼瓦は観る機会が少ないのですが、これから注目したいと思います。
        お身体くれぐれもお大事にして下さい。

  7. 富山弘毅 より:

    ありがとうございます。鬼瓦について何か発見したら、ぜひ教えてくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください