愛嬌たっぷりの天の邪鬼

親鸞聖人の木像が祀られている西本願寺・御影堂(ごえいどう)正面、左右2ヶ所にある天水受けを四方四隅の下で各4人・計8人の「天の邪鬼」が支えています。身長38㎝に比べ顏が縦15㎝横17㎝というほぼ二頭身のずんぐりした姿が特徴で膝に手をつく者、胸の前で手を合わせている者などポーズはまちまちで愛嬌たっぷり。御影堂が再建された1636年から支え続けています(^^♪

御影堂は1200人以上が一度に参拝出来る世界最大級の木像建築物です。天の邪鬼は昔話に登場し、人に逆らったり、邪魔をしたりする悪者ですよね。仕置きの為にこうして長い間、重い物を支えさせられているのでしょうか?

菊展が境内でありました。

左は珍しい「一文字菊」右は「嵯峨菊」。一文字菊は初めて見ました(^^)/

 

仏前結婚式は珍しいです。信徒さんでしょうか?優しそうな新郎に綺麗な新婦さん!お幸せに♡

真っ赤に紅葉したサルスベリ(^^♪

木材の亀裂や穴を木片で繕うことを「埋め木」と言うそうです。御影堂や阿弥陀堂の縁側や廊下に多く見られました。動物や植物、徳利や軍配までが登場して驚きでした(@_@)

単なる補強でなく大工さんの遊び心だそうですがお堅い?寺院でほっこりする発見でした(^_-)-☆

 

wakasahs15th について

多くの友人と山や自然を楽しんでいます
カテゴリー: 現代日本 タグ: パーマリンク

愛嬌たっぷりの天の邪鬼 への26件のフィードバック

  1. 洋子 より:

    何百年もお仕置きを受けているようには
    見えない程、保存状態の良い天邪鬼たちですね。
    埋め木というのを初めて見ました。
    この遊び心は素敵ですね!

    • wakasahs15th より:

      洋子さん お早うございます(^^♪
      お仕置き!長期間で苦しそうです。埋め木は気をつけて見て歩くと廊下や縁側にいっぱいあるんですよ。埋め木デザインだけでもシリーズを組めそうです(^_-)-☆

  2. YellowCable より:

    The small amulets or statues do look like they bear heavy weight. I hope they are happy 🙂

  3. とんび より:

    天の邪鬼・・・400年にわたっての お仕置きですか 
    まだこれからも続きますね~
    和顔愛語・・・ハングル文字は要るのかな~
    別の所で説明すればいいのではないかと・・・?

    • wakasahs15th より:

      とんびさん こんばんは(●^o^●)
      大変厳しいお仕置きですね。まだまだですね~~~。関西では交通機関の車内放送も英・中・ハングルです。来日観光客の数に従っているのかも知れません?

  4. こんにちは。
    大変なお仕置きですが、その表情からは楽しんでいるような柔らかさが感じられます。
    人が「この天の邪鬼ものが」と言う時は怒りの込められた言葉がお多いと思います。そのような時でも優しさを持ちなさいと諭してくれる象ですね。
    埋め木の技術とセンスがすばらしいと思います。
    最近は洋服のカケハギをやってくれるところが殆ど無くなりました。

    • wakasahs15th より:

      りょうちゃん こんばんは(●^o^●)
      表情は必死で持ち上げていて頼もしいですね。昔からよく悪い例えで使われてきました。仰る通り優しさを持たねばならないですよね。埋め木は素晴らしいです。良く見るとあちこちに埋め木があって楽しいひと時でした。素晴らしい大工さんです。洋服もファッションとして流行るといいですね(^_-)-☆

  5. しーちゃん より:

    mori2さん、おはようございます。
    いろんな発見があって楽しいですね。埋め木ねえ、私も機会があれば探してみます。
    天の邪気さんたち、私も圓教寺で見たことがあります。ユーモアある表情ですね。
    一文字菊は、平らに咲くのですね?

    • wakasahs15th より:

      しーちゃん こんばんは(●^o^●)
      西本願寺以外でもあるかも知れませんね。私も他の寺社仏閣へ行ったら探して見ます。天の邪鬼は昔は良く聞いたり見たりしたのですが、最近はご無沙汰でしたが久しぶりに会いました。苦しいと思うのにユーモアありですね。一文字菊は初めてでした(^_-)-☆

  6. saganhama より:

    (‘-‘*)オハヨ♪ございます。
    天邪鬼と言うと嫌がれる表情をしてるかと思ったら、どこかユーモラスの感じを受けました。埋木と言う技法を楽しまれながらやられた大工さんに拍手を贈ります。

    • wakasahs15th より:

      saganhamaさん こんばんは(●^o^●)
      こんな重い物を背負わされて苦しい表情だったら苦情が出るかも知れません。このようなユーモアある表情なので和みます。大工さん 簡単に捨ててしまわずに手数がかかると思いますが楽しい技法で長持ちさせて素晴らしいです(^_-)-☆

  7. 天の邪鬼…お仕置きですか…。でもなんか、かわいい(*^^*)
    埋め木、初めて知りました。
    そういったものを探すのも、新しい寺院の見方ですね(^^)/

    • wakasahs15th より:

      tabisurueiyoushiさん こんばんは(●^o^●)
      必死で支えている表情は悪気が無くて可愛いですよね。埋め木を知って探し始めるといっぱい楽しい模様が次から次へと登場してきてルンルン気分になりました(^^♪次に行く寺院でも楽しみです(^_-)-☆

  8. tiara より:

    こんにちは! (・∀・)♪+.゚
    天の邪鬼、そういうことなんですねぇ。
    菊、どちらもお初です。
    見入ってしまいそう。
    神前の結婚式、ホント珍しいですねぇ。
    「埋め木」見たことありません。
    手が込んでますね。

    • wakasahs15th より:

      tiaraさん こんばんは(●^o^●)
      嵯峨菊は関西では見る機会が多いんですが関東では珍しいかも知れませんね。一文字菊は私も初めてで珍しい菊です。神前の式は多いですが仏前は少ないですよね。埋め木は手数がかかるのに大工さんのユーモアは素晴らしいですね(^_-)-☆

  9. kerocatcyan より:

    こんにちは(^.^)
    銀杏!?の木の手前の床に座る親子さん、微笑ましいですね(*^o^) 埋め木、素敵なと言うか素晴らしい技法ですね(^з^)-☆やはり初知りです。

    • wakasahs15th より:

      kerocatcyanさん こんばんは(●^o^●)
      この二人は外人のカップルさんでした。ラブラブでしたので私は遠くからでした(^^)/埋め木は私も初めて知りましたが日本の大工さんの心意気でしょうか。素敵です(^^♪

  10. orca より:

    長い間、ぐ~~~っとこらえて、がんばって支えてくれているんですね!
    埋め木、こんな形があるんですね。
    一枚板のテーブルなんかでは、その節の形のまま埋めたり、割れ防止には、「ちぎり」がありますが、大工さんの遊び心ですか、素敵ですね。

    • wakasahs15th より:

      orcaさん こんばんは(●^o^●)
      普通なら力が切れてダウンですが天の邪鬼の強力パワーで頑張っています。埋め木は植物が圧倒的に多かったですがハート型と徳利型があって探すと楽しいですよ。「ちぎり」もあるんですか。日本の大工さんを改めて見直しました。素晴らしいです(^_-)-☆

  11. mako より:

    こんにちわ
    天邪鬼小さいながら、御影堂をずっと支えてきたのですね
    重さで小さくなった・・・・・あは、元々小さいのね
    埋め木・・ただ単に修理するのではなく遊び心かしら?
    何気なく見つけたら、あら^^と思いますね^^

    • wakasahs15th より:

      makoさん こんばんは(●^o^●)
      あの小さな身体で凄いパワーがあるようです。重量挙げの人間の様に重心が低いだけ、その分、力持ちなのかも知れませんね?埋め木は修理するのに遊び心をくわえられて素晴らしい方法ですね。取り替えるよりず~と手間暇がかかると思いますが大工さんの心意気でしょうね(^_-)-☆

  12. 花好き♪ より:

    こんにちは♪

    「天の邪鬼」400年も お仕置きですか***ホッコリするお顔に安堵感を覚えます♪
    埋木***このような修理が成される!初めて知りました。
    「一文字菊」珍しいですね♪ これも初めてで~す。
    いつか寺院に立ち寄れたら「埋木」探して見たいです(^^ゞ

    • wakasahs15th より:

      花好き♪さん こんばんは(●^o^●)
      天の邪鬼達にはお疲れ様と有難うを言いたいです。西本願寺の御影堂と阿弥陀堂にはいっぱい楽しい埋め木がありました。他の寺社仏閣はどうかは分りませんが私も探してみたいです。一文字菊は花好きさんも初めてでしたか(^_-)-☆

  13. agehamodoki より:

    西本願寺は文字通り立派なお寺ですね。
    でも行く機会がありません。
    天の邪鬼への仕置きに重い物を支えさせられているのは
    子供の頃「廊下でバケツを持って立たされた」あれに通じますね(爆)
    仏前の確かに珍しいですよね。良いシーンを見られたと思います。
    嵐山の紅葉はイマイチでしたか?
    でも船の上がずい分紅葉していますよ。素晴らしい!
    太夫の登場だけでも行った価値がありますね。
    山田池、池なのに中々「イケ」ません。
    燃えるような紅葉が素晴らしいですね。
    これからの季節、冬鳥を探しに行ってみます。

    • wakasahs15th より:

      agehamodokiさん こんばんは(●^o^●)
      廊下でのバケツ持ち!小学生にとってはかなり重い仕置きですね。私はバケツ持ちの体験はないですが廊下に立たされた事があります。これも教室内から見られていて辛かったです(^^)/仏前は仏教国でありながら少ないですね。神前ばかりで可笑しいです。と言いながら我が息子も神前でした(^^)/嵐山は紅葉にはまだ早かっただけで月末には綺麗な紅葉が見られると思います。船上のカラフルな衣装と太夫さんに会えて十分楽しめました。山田池にはイケてません(@_@)modokiさんは小説家の素質大ありですね~。もうすぐすれば柿が熟して定番の小鳥ですがやってくると思います(^_-)-☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中