世界で今何が!!!報道写真展③2018

バージニア州シャーロッツビルで「ユナイト・ザ・ライト」(右翼よ団結せよ)と名付けられた極右集会が開かれた。この集会には全米から極右グループが数十年ぶりに集結したが、その目的の一つは、南北戦争で南軍を率いたロバート・E・リー将軍の銅像を撤去する計画に抗議する事にあった。極右集会に抗議するデモに車が突っ込み空中に跳ね飛ばされるデモ参加者。

ロシア・サンクトペテルブルクで撮影されたセックスワーカー。サンクトペテルブルクのNGO「シルバー・ローズ」はセックスワーカーの数は300万人に迫り、サンクトペテルブルクだけでも5万人を越えると推定している。ロシア経済の衰退によって企業や教育機関に勤務する女性さえも失業し、セックスワーカーになるケースが増加している。

中国中部地域の黄土高原で山腹に横穴を掘って作る伝統的な横穴式洞窟住居「ヤオトン」に住む2人の兄弟。土の内壁は断熱効果に優れているため住民は冬の寒さをしのぐことが出来る。ヤオトンは中国の最も初期の住居形式で、その歴史は2000年以上に及ぶ。

南モロッコに広がるサハラ砂漠で開催されたサハラマラソン。タイムランキングステージのひとつをスタートする参加者。サハラマラソン(砂漠のマラソン)は50℃に達する猛暑の中、250キロメートル以上の距離を走るレースである。参加者には食料、寝袋、その他の必需品を自分で背負って走ることが要求される。

「スノーモンキー」の呼び名で広く知られるニホンザルは近年、人間にすっかり慣れてしまった。ニホンザルは1947年に保護獣に指定されているが、一部の地域ではサルを飼いならし興業目的のため訓練する事が法律で認められている。

今回の報道写真展は例年通り世界の悲惨な面が殆どでした。違った面で大国ロシアのセックスワーカーの状態に驚きました。中で中国のヤオトンで生活するお二人の兄弟の微笑ましい表情が際立っていました(完)

wakasahs15th について

多くの友人と山や自然を楽しんでいます
カテゴリー: 現代日本 タグ: パーマリンク

世界で今何が!!!報道写真展③2018 への20件のフィードバック

  1. 洋子 より:

    兄弟とワンちゃんの写真は
    絵画のように美しいですね。
    光の差し込み具合が絶妙です!

    • wakasahs15th より:

      洋子さん お早うございます(^^♪
      陽射しがあって余計に微笑ましく感じました。何だか現代に異論を訴えられているように思いました(^_-)-☆

  2. とんび より:

    写真はウソを言いませんからね
    その時 その場の 現実を映し出していますね

    南軍のリー将軍の像は どちらが排除しようとしたのでしょう
    極右? 反対派?

    • wakasahs15th より:

      とんびさん こんにちは(^^♪
      現場の生々しい写真に凄さと悲惨さを感じます。排除は将軍像を排除しようとした左派に対し右翼がデモをしてトラブルになったように思います(^_-)-☆

  3. YellowCable より:

    These are fantastic photographic works!

  4. saganhama より:

    (‘-‘*)オハヨ♪ございます。
    この様な報道写真を見ると、日本のテレビや新聞等のメディアの報道は世界で起きてる事のほんの一部しか報道してないように思います。
    ロシアの現実は経済発展の中で、置き去りにされてしまってる世界の人々を象徴してると感じました。

    • wakasahs15th より:

      saganhamaさん こんにちは(^^♪
      確かに日本の報道はごく一部で私達が知らない事が多いですね。ロシアのような大国で正規の職員が失業してセックスワーカーとして働かざるを得ないのはこれも悲惨ですね。西側の制裁が効果をあげているのでしょうか?

  5. kerocatcyan より:

    こんにちは(^・^)
    サハラマラソンは50℃の中、250キロメートル以上の距離を走るんですね。その上、参加者は食料、寝袋、その他の必需品を自分で背負って走るんですね~~ワオッ!!\(◎o◎)/!です。

    • wakasahs15th より:

      kerocatcyanさん こんばんは(●^o^●)
      酷暑で走りにくい砂漠を食料や寝袋を背負って走るなんて信じられないです。私もワオッ!!\(◎o◎)/!でした(^_-)-☆

  6. tiara より:

    こんにちは! (・∀・)♪+.゚
    セックスワーカー、大変な仕事?ですねぇ。
    仕事を失って、厳しい状況なんでしょうね。
    先日耐久レースみたいなのを、テレビでやっていました。
    砂漠のは、そんな感じなんでしょうか?
    世界では、いろんなことが起こっていますね。

    • wakasahs15th より:

      tiaraさん こんばんは(●^o^●)
      それは大変事だと思います。仕事を失って生きるためでしょうか?砂漠のマラソンなんて私なら初めからギブアップです。私達の知らない事がいっぱい起こってますね(^_-)-☆

  7. 花好き♪ より:

    こんにちは♪

    テレビでも観ますが…いろんなことが起こってますね!
    日本は安全と思い暮らしてますが….結構怖いこと起きてますし….
    自分が育った時代と比べると中々人も信じれなくなってきてますね。
    難しい事は分かりませんが…同じ人間同士戦うのでしょうか….

    • wakasahs15th より:

      花好き♪さん こんばんは(●^o^●)
      報道で知った事も含まれていますが知らない事の方が多いです。日本はこれでも安全な方なんでしょうね?昔はイジメや残忍な事件は日本では起こらなかったです。人間同士が争うなんてもっての他ですよね(^_-)-☆

  8. mako より:

    こんばんは
    トップの写真何かしらと思いましたら
    人が跳ね上がってますね
    大国ロシアがそんな状態とは・・・・
    中国にはそのような生活様式があるとは、でもお二人の表情がいいですね
    砂漠のマラソンは、自分が好きで参加ですよね?
    ホントに世の中、世界には知らない事がまだまだまだまだ・・・・

    • wakasahs15th より:

      makoさん こんばんは(●^o^●)
      人が跳ねられて飛んでいる場面が撮れるなんて‘やらせ’でないかと思ってしまいます。そんな瞬間を撮るなんて凄いですね(@_@)ロシアの記者が撮って文も書いたものなんです。こんな状態とは(@_@)ただ中国のように記者を拘束したりはしてないようです。ヤオトンのお二人はとても楽しそうな生活をされているように思います。現代生活より良さそうです?砂漠ノマラソンは好きか賞金が莫大でないと、とてもとてもです。闇に消え去っているのでしょうね(^_-)-☆

  9. サハラマラソン、最初、模型かと思ってしまった…(*_*;
    どうしてそんな環境下で走るのだろうか…。走るの嫌いだから、私には謎(-_-;)
    ヤオトンって今もあるんですか?

    • wakasahs15th より:

      tabisurueiyoushiさん お早うございます(^^♪
      なんで酷暑の走り難い砂漠で?と思ってしまいますね~。全て1年以内の作品ばかりなんです。なので今もあると思いますが数はどうなんでしょうね???

  10. こんにちは。
    どの写真も一つずつが心に問いかけて来るような気持になります。
    世界を知らない・見ないで良しとしている、そして第三者的に批判している自分達を認識させているように思います。

    • wakasahs15th より:

      りょうちゃん こんばんは(●^o^●)
      それぞれのプロカメラマンが世界の問題をとらえて問題提起をしているように思います。私達が全ての事を知るのは難しいですが、少しでも多く知って声をあげていかねばと思います(^_-)-☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中