福井・曹洞宗大本山「永平寺」

総持寺(神奈川県)と共に曹洞宗の大本山になっている永平寺(吉田郡)にも立ち寄りました。1625年、中国(宋)で仏道の神髄を体得された道元禅師によって座禅道場として開創されました。

トップ画像は1749年に造立の山門で伽藍の中で最も古い建物。ここを通れるのは管主と修行を許可されて入山する僧、修行を終えて寺を出る時の僧のみです。観光客も山門の前にも立入が出来なかった(^_-)-☆なので仏殿への通路から撮りました。

上は曹洞宗のご本尊・お釈迦様が祀られている仏殿です。参観コースは決められていました。撮影は殆どがOKですが修行僧だけはダメだと(^^)/ パンフレットの様な姿勢がピンとした僧をシルエット程度でもと思って立ち寄ったのですが・・・。

傘松閣の2Fには絵天井の間が。著名な画家144名による230枚の美しい色彩画。上は欄間の楽しい彫り物。右は床の間の掛け軸に置物。

下は道元禅師の廟である承陽殿前の置物。狛犬でしょうか

 

花が終わった梅の枝の影が綺麗だった。

伽藍の一番奥に位置する「法堂」朝のおつとめが行なわれるそうです。

 

「僧堂」は厳重に閉められ中から修行僧の読経が。修行の根本となる伽藍で座禅・食事・就寝などの場所。

最高所の法堂から眺めた美しい伽藍の屋根。

何かと問題の多い仏教界ですが、こうして若い修行僧の真摯な姿に接してほっとしました(^_-)-☆

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 現代日本 タグ: パーマリンク

福井・曹洞宗大本山「永平寺」 への24件のフィードバック

  1. 洋子 より:

    歴史を感じる味わい深い山門ですね。
    瓦屋根の美しさにも目が奪われます。

    • wakasahs15th より:

      洋子さん お早うございます(^^♪
      厳しい修行道場の内面と観光客が押し寄せる外面とが併存している感じでした。駐車場がなくてお土産屋かレストランを利用するしか無かったです(^_-)-☆

  2. YellowCable より:

    I think this is a very good place for Buddhist monks to practice and it seems to have rules to ensure monks are quite isolated.

  3. kerocatcyan より:

    おはようございます(^-^)
    凛とした静けさが流れているようですね。( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

    • wakasahs15th より:

      kerocatcyanさん こんばんは(^^♪
      山の中にあって凄い存在感を感じます。若い僧が一生懸命修行されているのには感動でした(^_-)-☆

  4. こんにちは。
    私も修行僧の皆さんをみるとその真面目な姿に、頑張ってください、と思わず心の中で声を掛けています。
    半世紀近く前に訪れた際の、永平寺の静かなようすが浮かび上がってきて、嬉しく見させていただきました。

    • wakasahs15th より:

      りょうちゃん こんばんは(^^♪
      遊びたい世代なのに厳しい修行に明け暮れる毎日!素晴らしい意思と忍耐です。観光客が多すぎるのには吃驚しましたが修行中の若い僧の皆さんに会えて、それだけでも良かったです(^_-)-☆

  5. orca より:

    派手じゃないのに、美しくて、飾りっけが無いように見えて、実は細かい細工があちこちに。見どころたくさんですね!

  6. tiara より:

    こんにちは! (*^─^*)
    大きなお寺さんですね。
    そういう決まり事があるんですか。
    狛犬、可愛いですね♪
    何かと問題の多い仏教界なんですか?

    • wakasahs15th より:

      tiaraさん こんばんは(^^♪
      山門をはじめ、でっかい伽藍でした。観光客が多いので決まり事がないとぐちゃぐちゃになりそうです。狛犬?は愛嬌ありです。今は僧侶として尊敬されない方が多いように感じます(^_-)-☆

  7. mako より:

    こんにちわ~
    永平寺はもうだいぶ前に行った事が有ります
    曹洞宗ですから我が家の宗派ですし
    永平寺では中でお話を聞いた記憶が
    本などで読みましたが修行僧は厳しいようですネ
    色んな規律があって    修行とは・・・・

    娘のとこへ行った時、案外近くだったので歩いて総持寺まで

    • wakasahs15th より:

      makoさん こんばんは(^^♪
      福井迄も足を延ばされましたか(@_@)私の実家も曹洞宗なんですよ~。母は永平寺に行った際に、まだ存命なのに早々と管主から自分の戒名を頂いて来ました(@_@)今は観光客の永平寺での座禅修行が人気のようです。私の家内も体験者です。私の同級生も曹洞宗の僧侶で永平寺で厳しい修行を積んで、それは素晴らしい人格者で私など足元にも及ばないです(^^)/ makoさんは総持寺と永平寺の両大本山に行かれて曹洞宗の檀家としてお手本ですね(^_-)-☆

  8. abend より:

    福井はお寺が多いですよね。
    油揚げの消費が一番だとか。知ってました?理由はお寺が多いからだそうです。

    • wakasahs15th より:

      abendさん コメント有難うございます(^^♪
      油揚げの消費の件は知りませんでした。実家では豆腐は良く食べましたが油揚げは少なかったように思います(^_-)-☆

  9. 花好き♪ より:

    こんばんは♪

    「永平寺」一度はお参りに行こうと…ですが行けずに終わました。
    テレビでも…良く見ますが大きなお寺ですね。
    見かけないような「爛漫」ですね♪
    静けさを感じ…ピーンと背筋が自然に・・・(^^ゞ

    • wakasahs15th より:

      花好き♪さん こんばんは(^^♪
      私はもし機会があれば雪の永平寺を訪れたいです。若い僧の厳しい修行を見ると感動しますよ。欄間ですね~楽しい図柄です。はい、手を合わせると自然と背筋が伸びました(^_-)-☆

  10. saganhama より:

    こんばんは(^^)
    鶴見の総持寺と同格のお寺なんですね!永平寺の時の流れが止まったような山門と瓦屋根が素晴らしいです。

    • wakasahs15th より:

      saganhamaさん こんばんは(^^♪
      総持寺も永平寺同様に有名ですね。とってもでかい伽藍ですが、それでも観光客が多いと感じました。若い僧の修行する姿には感動しました(^_-)-☆

  11. agehamodoki より:

    永平寺は北陸を旅行した時に1度訪ねたことがあります。
    歴史ある大きなお寺であると同時に「修行の場」なんですよね。
    見どころも満載だけど常いどこかから修行僧たちの息使いが聞こえてきそうで・・・
    松尾大社は何年も前の初詣以来ご無沙汰です。
    神幸祭は毎年出かけられているようですね。
    優雅で大人っぽい祭事ですが、それだけに稚児の可愛さが際立っています。
    う~ん、確かに緑色の衣装の巫女は見たことありません。
    通年花の多い植物園でしょうが、春はやっぱり「露地物」が多い(笑)
    チューリップは唱歌のせいか子供の絵本をイメージしてしまいます。
    だから小さな園児の登場がものすごくマッチしていました。
    チューリップも春の花の代表のひとつでしょう!

    • wakasahs15th より:

      agehamodokiさん こんばんは(^^♪
      仏と真剣に向き合っての修行は素晴らしいです。やはり大本山としての指導を徹底されているような気がします。僧堂から聞こえてくる修行僧の読経には安堵感を覚えます。松尾大社は流石で神事も多いです。それだけ氏子の皆さんが熱心な証拠ですね。稚児は二人いましたがどちらも可愛いかったです。それと巫女の衣装も新鮮でした。チューリップは見ないと春と言う気がしないです。チューリップ畑の傍を園児軍団が通りかかりました。ミニ遠足!嬉しそうでした(^_-)-☆

  12. 永平寺、子供の時に行ったことがあります。でも、行ったという記憶だけで、お寺がこんなだったか、全く覚えてないです(^^; 美しいお寺ですね(^^♪ 山門、通ってみたいという衝動にかられそうですが、僧と修行僧だけで観光客が立ち入り禁止というのは、いいですね(^^)/

    • wakasahs15th より:

      tabisurueiyoushiさん こんにちは(^^♪
      山深い所にある堂々とした伽藍です。もともとは修行道場なので修行僧の最優先は当然ですよね。僧侶は一般人の上に立つ方ですから厳しい修行に耐えて尊敬されるようになって我々を正しい方向へ導いて欲しいです(^_-)-☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください