醤油の香る街・和歌山湯浅町

醤油製造発祥の地と伝わる和歌山県湯浅町に立ち寄りました。

鎌倉時代に中国から伝わった「金山寺味噌」の製造工程から生まれたとされる醤油の製造は、江戸時代に入ると紀州藩の保護を受けて販路が拡大し当地の代表的な産業になったそうです。

どの家にも格子戸に木製のケースが付けられ中には色んな物が入れられていました。何の意味でしょうね?

 

民家の庭に咲いてた紫陽花。

 

暖簾はエビで商標は鯛?さぞや商いは順調(^^♪

 

朽ちかけた壁の左が、鼻を持ち上げた象さんに見えました?

醤油は大手メーカーの寡占化が進み数軒を残すのみです。厳しい環境なんでしょうね?

‘たばこ’が明治から昭和への時代を反映?

休憩で入った喫茶店。確り地元の醤油が置かれていました。

 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: いこいの山岳会 タグ: パーマリンク

醤油の香る街・和歌山湯浅町 への26件のフィードバック

  1. 洋子 より:

    木材に醤油の香りが
    染み込んでいそうに見えます。
    ゆったりした気分になれそうな町並ですね。

    • wakasahs15th より:

      洋子さん お早うございます(^^♪
      香りは醤油味でしたが一瞬、伏見の酒蔵と錯覚した程似てました。ゆっくりした時間が流れていましたよ(^_-)-☆

  2. orca より:

    香りが漂って来ますよ。
    木の大きな看板は、立派ですねー!

    • wakasahs15th より:

      orcaさん こんにちは(^^♪
      この街に入り込んだらすぐ醤油の香りに引き込まれました。大きな木の看板は長い歴史を感じさせてくれました(^_-)-☆

  3. とんび より:

    格子に 飾り棚 何なのでしょうね?
    昭和の香りと 醤油の香りが 混ざり合っていますね~

    • wakasahs15th より:

      とんびさん こんにちは(^^♪
      そうなんです!コーヒータイムで休憩した時に聞けば良かったのですが(^^)/鼻で醤油を眼で昭和の香りを楽しみました(^_-)-☆

  4. kerocatcyan より:

    おはようございます(^-^)/
    和歌山県湯浅町はお醤油の香る街なのですね。日本の原点のような街ですね。街並みも趣があって素敵ですね(*´-`) 外国の街でもその地の香りを感じますが、日本の空港に降りたって、どこからか漂ってくる、醤油出汁の香りにワアッ自国に帰ったことを実感します。お醤油は本当に日本そのもの?っと思います❤️

    • wakasahs15th より:

      kerocatcyanさん こんにちは(^^♪
      中国から伝わった味噌を作る家庭で発見されたとか。かなり酒蔵の街並みと似ていると思いました。そうですね!醤油の香りや味は素晴らしいですね。私は医師から減塩の指示を受けているので醤油を口にする量は減っていますが、それでも日本の醤油は素晴らしいと思います(^_-)-☆

  5. saganhama より:

    (‘-‘*)オハヨ♪ございます。
    醤油は和歌山が発祥の地でしたか。千葉県の銚子が醤油の生産で有名な地ですが、和歌山から製造技術が伝わって発展したと聞いたことがあります。

  6. agehamodoki より:

    「湯浅・剛坊道路」の湯浅ですね。
    醤油発祥の地だとは知りませんでした。
    古い醤油工場(それとも蔵)風情ありますね。
    落ちた壁まで絵にしてしまいましたね(笑)
    江戸時代から昭和の匂いがします。
    もちろん醤油の香りが漂ってきます。
    久安寺、トップ画像の紫陽花が幻想的です。
    飛び石を背景にした構図の面白い紫陽花。
    強い影を主役にした紫陽花に夏を感じます。
    大阪城も「夏の陣」ですね。
    思ったより綺麗な青空が印象的です。
    最近伝わってきた話ではキビタキが繁殖し、巣立ったらしいです。
    大都会のオアシスが、故郷の森になったワケで嬉しいです。
    最後は「穴」がポイントですね。
    目の付けどころが、いや穴からの視線が奥深くて面白いです。

    • wakasahs15th より:

      agehamodokiさん こんにちは(^^♪
      剛坊道路って言うんですか。その名前は知りませんでした。白崎海岸からの帰路に時間があって立ち寄りました。とっても古い街並みが大事に残されて醤油と共に昭和の香りがいっぱい飛んで来ました。久安寺は昨秋の紅葉ですっかりファンになって再訪しました。紫陽花も期待通り良かったです。紫陽花は多くで楽しめますがここの紫陽花は総合力でトップクラスだと思います。大阪城はmodokiさんは鳥見で馴染みですね。キビタキの幼鳥も見たいですが、冬以外はご無沙汰です。何とか差別化した写真をと思って苦心しています(^_-)-☆

  7. 花好き♪ より:

    こんにちは♪

    一歩足を踏み入れると…街並みが お醤油の香りなのでしょうね♪
    香りの良いお醤油は日本ならではですね。
    落ちた壁 たばこ屋さん・・・時代を感じます♪
    路地の向こうに「ぜんざい」の暖簾と格子戸が入りた~いな~(^^ゞ

    • wakasahs15th より:

      花好き♪さん こんにちは(^^♪
      着いた途端にいい醤油の香りが飛んで来ました。今や世界的な日本の醤油ですよね。ここの風景から、ひと昔の前の時代を感じますね。「ぜんざい」は今になって気づきました。当日はコーヒーで済ませてしまいました。あ~~~残念(^^)/

  8. YellowCable より:

    That is a very interesting idea about putting a small wooden box with some items inside. They look good and intriguing. Yes, I would like to know all the meaning of each.

  9. 古き良き日本って感じですね。
    今だに現役のメーカーがあるとは驚きです。
    残ってほしいものです(^^)/

    • wakasahs15th より:

      tabisurueiyoushiさん こんにちは(^^♪
      伏見の酒蔵街と似てるな~と思いました。やはり湯浅の醤油のファンの方がおられるそうです。匠の味は残ると思いますよ(^_-)-☆

  10. こんにちは。
    昔は各地域にお醤油を作っているところがありましたね。
    私の育った街でも小さなお醤油製造所があり、小学校の往復に漂ってくる匂いの中を歩いていました。
    たばこ、切手の看板(?)も同じものに親しんでいたので、当時の雰囲気が浮かび上がります。
    最近は見かけない、貴重な存在と思います。

    • wakasahs15th より:

      りょうちゃん こんばんは(^^♪
      小さなお醤油さんが各所にあって、香りが飛んできましたね。たばこ・切手・塩など懐かしいです。留守番されてた、おばあさんの顏が覗いてきそうです(^_-)-☆

  11. aquacompass7 より:

    遠くまで行かれるのですね。精力的ですね、羨ましい。

    • wakasahs15th より:

      aquacompass7さん こんにちは(^^♪
      山岳会の写真同好会で行くんですよ。やはり車だと行動範囲が広がります(^_-)-☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください