京都大原・寂光院

大原を歩いて最後は天台宗の尼寺・寂光院へ。594年に聖徳太子が父の用明天皇の菩提を弔う為に建立されたそうです。

トップはモミジの古木が並び山門へと続く参道で歴史を感じます。

苔が綺麗でした。

本堂前の南蛮鉄の雪見灯籠は豊臣秀吉の寄進により桃山城から移されたそうです。

平清盛の息女でであった建礼門院徳子は1185年に入寺。源平の戦いに破れ壇ノ浦で滅亡して平家一門と我が子・安徳天皇の菩提を弔い終生をこの地で過ごされました。合掌地蔵がポツンと。

寺前の漬物屋さん。

大原女装束に身を包んだ可愛い観光客がやって来たので撮らせてもらいました。

寺近くで鮎の塩焼き定食を食べました。ただ自分で焼き上げなければならず苦労しましたが美味しく焼けましたよ(^^♪

顏模様をした虫食い葉と紅葉したモミジが参道に(@_@) 今回のメインは寂光院でしたが大原散策でいっぱい時間を使ってしまいました(^^)/

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: いこいの山岳会 タグ: パーマリンク

京都大原・寂光院 への18件のフィードバック

  1. KYO より:

    鮎大好きです😄
    自分で焼き上げる定食があるとはびっくりですが、美味しそうな顔つきの鮎さん達ですね~。
    思わず涎が。。。

    • wakasahs15th より:

      KYOさん コメント有難うございます(^^♪
      きっと人出不足なんでしょうね?自分で鮎を焼くのは久しぶりだったのでオロオロしましたが時間をかけて上手く焼けましたよ。それと熱々の鮎は最高でした。美味しかったです(^_-)-☆

  2. 洋子 より:

    寂光院の緑が爽やかで良いですね。
    丸く刈り込まれたのはツツジでしょうか。
    なんて綺麗な丸みなんでしょう!

    • wakasahs15th より:

      洋子さん お早うございます(^^♪
      夏の大原はシーズンオフのようで観光客が少なくゆっくり歩けました。きっとツツジかサツキだと思います。庭師さんの手入れでしょうね?流石にプロです(^_-)-☆

  3. kerocatcyan より:

    おはようございます(^ー^)
    木々の緑も苔の緑もやわらかーい緑!で、涼やかに感じられますねd(⌒ー⌒)! 参道、歴史の重みが伝わって来ます。 防火用のバケツも整然と保管されていて、絵になりますね❗こう言うところも流石!?って思いました(*´-`)

    • wakasahs15th より:

      kerocatcyanさん お早うございます(^^♪
      大原は長閑なところで緑も多く落ち着きますよ。この参道のモミジの古木は凄くて圧倒されそうでした。寂光院は平成に入ってから放火によって焼失してるんですよ~。なので火には凄く気を遣っておられるようです(^_-)-☆

  4. とんび より:

    大原女・・・ 観光客でしたか
    鮎が美味しそうですね

    • wakasahs15th より:

      とんびさん こんにちは(^^♪
      はい、観光客でした(^^)/空腹を我慢しながら、時間をかけてじっくり焼いたので最高の味になりました(^_-)-☆

  5. agehamodoki より:

    大原と言えば三千院、よりもこちら寂光院の方が好きだと言う方も多いです。
    建礼門院の生涯からくるのでしょうか?少し控えめなところが魅力です。
    鮎は自分で焼くのですか?
    子供の頃、鮎をヤスで突いて河原で塩焼きにしたことがあります。
    悪友達と。それまで嫌いだった鮎を好きになりました(笑)
    大原と言えば京都市内より標高は高くなるけど
    やっぱり盆地で暑いのでは?
    北山友禅菊にシジミチョウ、青モミジ前景の滝。
    暑さを忘れさせてくれるショットです。
    桃太郎の子供が金太郎だとは知りませんでした(笑)
    厳つい動物ほど子供は可愛いですね。
    人に近い動物だけに親近感もあります。
    見に行ってみたいなぁ・・・ゴリラ!

    • wakasahs15th より:

      agehamodokiさん こんにちは(^^♪
      普通なら三千院ですよね~。寂光院へ少し遠いのですが途中にも楽しい被写体が多かったです。お店で自分で焼けと言われたのは初めてです(@_@)でもその分、安かったですよ。私は棒の先に針をつけて鮎をとる‘引っ掛け’でした。夏休みは泳ぎと言うより鮎や鰻、ナマズなど家庭への貢献作業でした。当時は大らかで入漁券がなくても子供は大目にみてくれました。自然の多い大原も同じく暑かったです。モミジが覆いかぶさる滝は涼感たっぷりでした。動物園も面白い名前をつけてくれますね。もし三番目の男児が誕生したら・・・と思うと待ち遠しいです。ゴリラ館は冷房完備で長く居ても快適でした(^_-)-☆

  6. 花好き♪ より:

    こんにちは♪

    静けさを感じる寂光院の参道・・・
    何となく蝉時雨が聞こえて来そうな感じが・・・
    お地蔵さんのお顔と丸~く刈られた植木が向かい合ってると見てしまいました♪
    「鮎」が睨みを利かしてますよ~<<
    青モミジのトンネルが陽射しを和らげ涼しそうですね(^^ゞ

    • wakasahs15th より:

      花好き♪さん こんにちは(^^♪
      夏場だからか寂光院を訪れる観光客は少なかったです。モミジの古木に覆われた参道は圧巻です。植木がまん丸に剪定されて綺麗ですね。お地蔵さまは三千院は多いですが1体のみでした。鮎の目は怒っているように見えますね。合掌!

  7. YellowCable より:

    A very nice picture of the stairway up to the temple.

  8. 苔があって、素敵なお寺ですね。菩提を弔ったんだなあと思うと感慨深いです。
    合唱地蔵さん、かわいいですが、ポツンとあって、寂しいですね。
    鮎、私も大好きです(*^^)v
    調理実習であゆを串刺しして直火で焼いたことありますが、お店で自分で焼くのはびっくりしますね(^^;

    • wakasahs15th より:

      tabisurueiyoushiさん こんにちは(^^♪
      尼寺の優しい雰囲気が伝わって来ました。ここはやはり建礼門院徳子さんを慕ってお参りに来られる参拝客が多いそうです。合掌地蔵は1体だけで何か物寂し気でした。鮎は塩がたっぷりで美味しかったのですが帰ってから暫く血圧が高かったです。家内に毎日、必死で塩分管理(1日6g以内)をしながら料理を作っているのにと言って怒られました(^^)/そう言われると恥ずかしかったです(^_-)-☆

      • なるほど、1日6gはかなり厳しいですね。他の栄養素であれば2~3日で前後しても…ってものがありますが、塩分で、しかも6g制限がかかってるのは、さらにそれより下げるのは厳しいですね…。まあでも、今は夏ですから多少は大丈夫ですし、あとはカリウムを含む食品に頼るって感じですね。たとえ摂取してしまったとしても、排出すればいいわけですから。ただあんまりストレスかかると、それで血圧上がっちゃいますから、ケセラセラで(*^^)v

      • wakasahs15th より:

        すっかり薄味の料理に慣れましたが塩焼き鮎は格別に美味しく感じました。塩って凄いです。教えてもらったばかりのカリウム!西瓜を食べてますが後はケセラセラを追加します。有難うございました(^^♪

wakasahs15th にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください