大阪・天王寺七坂

大事な人の命日だったので一心寺にお参りし、時間があったので天王寺七坂を散策しました。

トップは一心寺の池。

ワンちゃんが動物専門学校出窓から覗いて(゚∀゚) 堀越神社の白梅は満開(^_^)

 

愛染坂の途中にある大江神社の参道で可愛い子猫が迎えてくれました。

境内でも・・・。

清水坂にある四天王寺支院の清水寺舞台からの通天閣方面(京都の清水の舞台より低った)。

愛染坂の下がり口にある愛染堂勝鬘院。同院の6/30の夏祭りは大阪のトップをきって行われますが観光客のマナーの悪さから地元住民の反対運動が起こって縮小されてしまいました。パワースポットでもあります。数百年の桂の木にノウゼンカズラの蔓が巻き付け一体に。男女が寄り添っている様で縁結びの霊木とか(^_^)付いた名は「愛染かつら」👏

口縄坂にも猫が沢山いました。源聖坂の齢延寺では河津桜が咲き始め。最後の生國魂神社ではロウバイが綺麗でした。

 

齢延寺の山門が立派でした。上の大きな画像は、この山門の一部ですが柱の奥から怖い仁王像が睨んでいました(゚∀゚) この一帯は寺町でお寺がズラリ並んでいます。豊臣秀吉が号令で、ここに集中移転を命じたそうです_(._.)_

 

wakasahs15th について

カメラを通して美しい自然や日本伝統の祭りなどを楽しんでいます(^^♪
カテゴリー: 現代日本 タグ: パーマリンク

大阪・天王寺七坂 への19件のフィードバック

  1. 洋子 より:

    猫達、のんびりと過ごしていますね。
    対照的に仁王像の眼光の鋭いこと!
    この目はすごいですね~。

    • wakasahs15th より:

      洋子さん おはようございます(^_^)
      猫達と、なるべく目を合わさないようにして撮りました。初対面でも人慣れしているのかも知れません?仁王像は奥から怖い目で睨んでいました。門番の役目の様でした(^_^)

  2. YellowCable より:

    This is definitely my favorite place. There are many cats 🙂

    • wakasahs15th より:

      Thank you for your comment. This is the area where Osaka temples are concentrated. The cats seemed used to humans and were not vigilant.

  3. kerocatcyan より:

    おはようございます(^-^)
    動物専門学校出窓から覗いているワンちゃんかわいいですが、置物のように見えますがですが、、、本物なんですよね!?

    • wakasahs15th より:

      kerocatcyanさん こんにちは(^_^)
      は~い、置物です。確か3Fの出窓だったと思います(^_^)

  4. kerocatcyan より:

    ううーん やっぱり置物!!?

  5. とんび より:

    齢延寺の山門 立派ですね 
    仁王様の眼・・・明かりが入ってるのでしょうか
    血走っていますが・・・???

    • wakasahs15th より:

      とんびさん こんにちは(^_^)
      一般的に無名の寺院ですが立派な山門でした。仁王像の目は昼間なので灯りは無かったです。きっとガラスの目が入っていると思います_(._.)_

  6. 花好き♪ より:

    こんばんは♪

    登る辛さも忘れるような坂の呼名ですね♪
    陽射しの元で…の~んびり寛ぐ猫ちゃん気持ち良さそう・・・
    かと思えば・・・
    ギッロと光った怖そうな仁王様の目が・・・
    置物のワンちゃんが可愛い(^^ゞ

    • wakasahs15th より:

      花好き♪さん こんばんは(^_^)
      短い坂ばかりなのですが上ったら次の坂は下って、その繰り返しなんですよ。名前は付近の寺の名が多いようです。猫達は日向ぼっこをしながら寛いでいました。目を合わせると警戒すると聞いたので、なるべく合わせないようにして近づきました。仁王像は暗い奥から睨んでいて貫禄です。動物学校のワンちゃんは素晴らしい出来映えでした(^_^)

  7. slecfarm より:

    にゃんこが沢山(#^^#)それにしても三文の龍、ぎろりとした目ですねー(+o+)

    • wakasahs15th より:

      slecfarmさん こんばんは(^_^)
      猫が沢山いましたが殆どが野良の様でした。仁王像は凄い目ですね。悪いやつはこの門を通さないと言う強い意志でしょうか?

  8. 専門学校のわんちゃん、一瞬、本物??って思っちゃいました(^^ゞ
    観光客が来るのはいいですが、マナーは守って欲しいですね(^_-)-☆
    愛染かつら、後ろのぎょろりとした目の方だったんですね…、手前の木彫りかと思い…??ってなっちゃいました(^^; しかし、木彫りのお顔、不思議な表情ですね(^.^)

    • wakasahs15th より:

      tabisurueiyoushiさん こんにちは(^_^)
      ワンちゃんは良く出来ていて遠くから見ると本物かと思ってしまいました。愛染堂勝鬘院の夏祭りは、浴衣の若い女性が宝恵籠に乗って市内を練り歩くのですが、この場合は悪いのは日本人観光客だったそうです。愛染かつらは蔓が巻き付いた桂の木(右の写真)の事だそうです。木彫りの方はキリスト教かと思ってしまいました(^_^)

      • 日本人観光客でしたか…。すぐお隣の大国を思い浮かべますが、日本人でもマナーの悪い人はいますからね…。旅の恥はかき捨て、でしょうか…。住んでる人には迷惑ですね。
        桂の木でしたか!失礼しました。不動明王の名前のように思えました(^^ゞ
        キリスト教、なるほど~(^.^)

      • wakasahs15th より:

        縮小された頃は外国人観光客が大挙して押し寄せる前でした。マナーの問題は殆どが日本人だった様です。寺社仏閣とは関係がない住民の方にとっては大迷惑ですよね。こちらも、あやふやな書き方で失礼しました。仁王像にキリスト教っぽい取り合わせだったので不思議に思いました?

      • はい、不思議な感じでした(^^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください