幸せが訪れる・・・スズラン

スズランの自生南限地と言われる宇陀市室生区向渕と奈良市都祁吐山の二ヶ所を訪れました。所在地が両市にまたがっていますが、どちらも市境にあり車で5分の距離の山中にあります。

どちらも咲き始めで、花はまだ少しでした(^^)/ 下から徐々に咲くようです。

天然記念物に指定されていて厳重な柵に囲まれています。

小さくて純白でとっても可愛い花ですが、どこもが有毒で特に花や根に多いそうです(@_@)

 

近くでワラビ狩りが出来ました(^^♪ フランスでは花嫁にスズランを贈る風習があり、又メーデーにスズランの花を贈り合うそうです。贈る人には幸福が訪れるとか。途中にあった平戸ツツジです。

カテゴリー: 魅惑の花 | タグ: | 27件のコメント

奈良・霊山寺「バラ庭園」2017

奈良・霊山寺のバラ庭園。S32年、当時のご住職の戦争体験から世界平和を願って開園されたそうです。

 

世界各国の200種、2000株を超えるバラが咲き集い、寺院のイメージを越えた近代的なバラ庭園で見応え十分です(^^♪


 

 

 

 

👆一番心を引き寄せられた「ラブ」(アメリカ産)。☜ローラ(フランス産)も☟熱情(日本産)も比較するとパンチ不足(^^)/


 

 

日本産で突出してたのは「絵日傘」👆日光が当たる事で目まぐるしく色が変化。明るいい黄色から始まり、咲き進むと花びらの先からオレンジが入り赤が混じり、赤が薄いピンクになり、最後はソフトピンクになると言う驚きのバラです(@_@)

 

ニュージーランド産の「ラプソディインブルー」珍しい紫色です。

「カフェ プリエール」のローズティやローズアイスクリームなど大人気でした(^^♪

 

 

カテゴリー: 魅惑の花 | タグ: | 24件のコメント

美山・島「道端の芸術品」

南丹市美山・島集落を通ったら道端に楽しい作品が並んでいて急停車(@_@)芸術家が多く住む美山ですが、この作品群は一人の方が作られたそうです。

  

廃材を上手く利用されてて感心(^^♪

猿の作品も。おっとっと、こちらは本物の猿(^_-)-☆

民家も同じくユニークな造りが多いんです(^^♪

これは道端でなくご自宅にです。黒松が大事で小鳥はただの飾りのようです。


 

 

こちらは基礎と内部の修理中でした。


 

 

 

 

何?とお訊ねしたら、茅葺屋根にカブトムシの幼虫がいて、カラスが食べに来て屋根を荒らし、その後に野良猫が遊んで荒らしたのでの応急処置とか(@_@)

 

美山では茅葺屋根を奨励してて、かやぶきの里は国の指定なので90%の補助があるそうですが、ここは色んな補助があって50%程度になるそうです。

カテゴリー: 現代日本 | タグ: | 21件のコメント

麦穂

麦畑へ行ったら穂が大きくなって少し色づき始めていました(^^♪

穂先に、小さな虫が結構多くいました。名前は解りませんが、実ではなく柔らかい穂を食べているのかな?

田には水が張られ田植えが始まりつつあります。

右の蔵の上部に龍?らしき物がありました。珍しいです(^_-)-☆

 

この赤い葉は何でしょうか?手前は瑞々しい新緑の柿です。

鮮やかな桐の花。

 

このカラフルな小鳥!イソヒヨの♂のようです?


 

 

 

 

 

水が張られた田にウミネコ(カモメかも、でもカモメは冬鳥のはず)がどっといて水草を食べていました。

代掻き中の田にはアオサギがカエルを銜えていました(@_@ どちらも10羽ずつくらいいたのですが、完全に区画を別にしてました。草食系と肉食系?それぞれ食の好みが違うようです(^_-)

カテゴリー: 故郷・若狭 | タグ: | 29件のコメント

京都・葵祭「路頭の儀」2017

下鴨神社と上賀茂神社の例祭「葵祭」。その起源は古くおよそ1400年前とされています。正式名称は「賀茂祭」であることはあまり知られていません。

神前に葵を献じ、参列する人や車、社殿や家々を葵の葉で飾る事からか殆どが葵祭としか認識していません。

平安時代の古式そのままに執り行われます。


祭りのヒロイン・斎王代は同志社大2年の富田紗代さん。十二単姿で「腰輿(およよ)」と呼ばれる輿に乗って登場。

 

宮廷装束に身を包んだ約500人の行列が京都御所を出発して都大路を練り歩き両神社を巡る約8㌔道を巡行。両神社では「社頭の儀」が執り行なわれました。

藤の花で飾られた牛車は、もう一つの花形。この大きな車輪に(@_@) 大きな牛が引くと砂利できしむ車の音が響きました。牛のパワーって凄い(^_-)-☆

花傘は随分重そうで持ち手が頻繁に交替です。

 

面を付けた馬、邪魔になりそう。

不思議な物を持ってます?

 

 


 


 

 

ボーダー柄の服を着用の男性、囚人服に似てません?

総勢約500名の他、馬36頭、牛4頭、牛車2基が参加。

 

カテゴリー: 日本の伝統行事 | タグ: | 24件のコメント

美山かやぶきの里「お田植祭」2017

美山かやぶきの里内の知井八幡神社の宮司による五穀豊穣神事が、里前の神田で執り行われ、その後14名の早乙女により苗が手植えされました。

 

 

 

菅笠に絣の着物、真っ赤な袖隠し姿の早乙女たちが横一列になって苗を手植えしました(^^♪

早乙女と言っても女学生たちは田に入るのは初めての方ばかりのようでした(^_-)-☆

 

 

植えてから次への移動の際に、足がスムーズに抜けないようでした(^^)/

 

 

 

 

 

苗が無くなると畔にいる方が投げ入れます。上手くキャッチ出来るかな?

 

それにしても賑やかで楽しそうでした(^^♪

 

 

    

若いから腰が痛くないのかな?日本の古き原風景です~~~💛

 

カテゴリー: 日本の伝統行事 | タグ: | 26件のコメント

家族が増えました(^^♪

私事ですが長男が結婚して、笑顔が可愛くて心優しい花嫁さんが来てくれ家族が増えました(^^♪

カテゴリー: 我が街・枚方 | タグ: | 53件のコメント