夏の涼果・・・葛饅頭

初夏になり小浜の銘菓・葛饅頭が食べられるようになったので帰省して早速食べに出かけました。水晶のように透明感のある美しさは夏にぴったり(^^♪

丹念に練り上げた北海道産のこしあんを若狭葛で包み器に入れて地下水で固めたものです。

地下30mから汲み上げられた地下水「雲城水」の水源は滋賀県との県境にそびえる「百里ヶ岳」。1日に4cmずつ進み百年の時を経てここ一番町に辿り着くと伝わります(@_@)

葛のつるりとした喉ごしとこしあんの上品な甘さは至福のひと時です(^^♪すぐに喉を通過してしまい、追加して食べたくなるのを我慢し次回を楽しみにして店を出ました(^_-)-☆

雨の一日、実家の花々に遊んでもらいました(^^♪


 

 

カテゴリー: 故郷・若狭 | タグ: | 18件のコメント

京都洛北・阿彌陀寺に咲くクリンソウ2017

紅葉の名所でもある浄土宗・古地谷阿彌陀寺。1609年開基の如法念佛道場です。

唐門がとても印象的です。その阿彌陀寺境内のクリンソウが見頃になっています。

紅紫色が多くてピンク、白、黄など計6色が咲いてました。

花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることが名前の由来となっているそうです。

 

 

 

 

 

 

アツモリソウが咲いていました(^^♪礼文島に行った際、見たかった花ですがここで見られるとは(@_@)

今や盗掘される代表格とか(^◇^)

シライトソウも(^_-)-☆

 

 

カテゴリー: 魅惑の花 | タグ: | 32件のコメント

京都・御土居の青もみじ2017

豊臣秀吉が1591年外敵の来襲に備える防塁と鴨川の氾濫から市街地を守る堤防として諸侯に命じ造営したもので22.5kmもの距離に及んだそうです。

京都の四囲に築造した大土塁の現在、残っている一部です(北野天満宮西側)

紙屋川にかかる朱色の鶯橋。

 

 

 

初夏の御土居は、およそ300本のモミジの色鮮やかな若葉が見られます(^^♪

 

 

プロペラも色づいてきました。

 

かつてからのモミジも残存し、これは樹齢400年とか(@_@)

 

 

カテゴリー: 美しい自然と風景 | タグ: | 22件のコメント

三重・赤目四十八滝2017

いこいの山岳会の写真例会で、赤目四十八滝を歩きました。

実際は48もの滝は無いようですが涼感たっぷりの中、滝と清流と新緑を楽しむ事が出来ました(^^♪

透き通った清流に映りこむ新緑も目を見張る美しさでした(^^♪

   

夏から秋の紅葉の頃にかけても楽しめそうです(^_-)-☆

今回も講師の方にお世話になりました。有難うございました(^^♪

カテゴリー: いこいの山岳会 | タグ: | 35件のコメント

小浜田烏「棚田のキャンドルナイト」2017S

海に面し大小長方形約100枚の棚田が広がる小浜市田烏。田植えが終わったこの時期の畔に2500個のキャンドルに火が灯され棚田が幻想的に浮かび上がりました(^^♪

 

点灯は19時で30分前から集落総出で火が点けられていきました。この日ばかりは集落外に出ている家族が子供を連れて帰省してくるので凄く盛り上がります(^_-)-☆

 

カエルの大合唱の中、沖合にはイカ釣り漁船の漁火が点り、最高の景観でした(^^♪

年々、人気が高まり遠来の観光客も増えているようです。

 

カテゴリー: 美しい自然と風景 | タグ: | 38件のコメント

美山かやぶきの里「一斉放水」2017S

美山かやぶきの里の放水銃点検の為の一斉放水が実施されました。

僅か5分のショーですが凄い見学者でした(@_@)

毎回、撮る位置を変えていますがあまり変わり映えの無い画像です(^^)/

放水が終わって集落内に入るとまだ少し水が残っていました。

 

火に弱いかやぶき屋根。類焼を防ぐ為に春秋の年2回点検放水が行われます。

 

カテゴリー: 美しい自然と風景 | タグ: | 26件のコメント

奈良・唐招提寺「うちわまき」2017

鑑真和尚ゆかりの唐招提寺で、中興の高僧・覚盛上人の高徳を偲ぶ梵網会(うちわまき)が執り行なわれました。

謂れは、上人が座禅中に蚊に刺されるのを見かねた弟子僧が叩こうとすると「自分の血を与えるのも菩薩行である」と言われたそうです。その徳をたたえて蚊を追い払うために「うちわ」を供えるようになったそうです。

祈願のこもったハート型の団扇400本が鼓楼から参拝者に撒かれました。団扇は雷難や火難など魔除けとして玄関に置かれるケースが多い様ですが、最近は令嬢に変な虫がつかないようにとのお守りにもなっているとか(@_@)

うちわまきの前に法要があり、舞楽が舞われました。

他に1000本の団扇が参拝者に抽選で配られましたが私は外れでした(^^)/

唐招提寺と言えばやはり鑑真和尚です。御廟を訪れる人がいっぱいです。

和尚の故郷・揚州の名花である瓊花が少し残っていました。白い花でガクアジサイに似ています。


 

 

 

 

   

カテゴリー: 日本の伝統行事 | タグ: | 20件のコメント